(BEAMS GOLF)ビームスゴルフ/キャディバッグのフードファスナー修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回(BEAMS GOLF)ビームスゴルフのキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状態は、フードカバーのファスナーレール部分が切れてスライダーが外れています。

(BEAMS GOLF)ビームスゴルフ/キャディバッグのフードカバー修理

1,ファスナーの状態を確認

(BEAMS GOLF)ビームスゴルフ/キャディバッグの修理

まずはファスナーの状態を確認します。

(BEAMS GOLF)ビームスゴルフ/キャディバッグのフードファスナーレール破損

ちょうど真ん中辺りのファスナーレールが切れています。
キャディバッグのファスナー破損はもっとも多い症状の一つですが、ファスナーレールが切れやすい位置もこの真ん中辺りに集中しています。なぜでしょうか?

これにはファスナーレールが切れる原因にありますが、ファスナーレールが切れる最も多い原因はアイアンなどのクラブのヘッド部分が当たって車のトランク内部や壁などと挟まれることによってこのように切れてしまいます。
2つ上の写真でも分かりますが、ファスナーが切れている高さの横の生地にも同じようにカッターで切ったような穴が開いています。これも同じことが原因かと考えられます。

これを防ぐにはアイアンカバーなどを付けるとかなり再発が軽減されます。

(BEAMS GOLF)ビームスゴルフ/キャディバッグのファスナースライダー外れ

切れたファスナーレールからスライダーは脱線しているものの破損は見られませんのでこちらは再利用が可能そうです。
万が一スライダーに破損があってもスラス(引手)が破損していなければ既存のスラスが再利用できますので外れしまっていてもお修理をご依頼頂く際は一緒にお送りください。

2,今回のお修理方法

(BEAMS GOLF)ビームスゴルフ/キャディバッグのフードファスナー交換

今回はファスナーレール部分が完全に切れていましたのでファスナーを全交換させて頂きました。
見た目が通常のコイルファスナーと異なりますが、これはファスナーを裏にして使う方法で止水ファスナーなどでよく見られます。表から見るとフラットなのですっきりとした印象ですね。
ファスナーを裏使いする場合は専用のスライダーが必要になりますが今回は既存のスライダーがそのまま使用できましたので再利用させて頂いております。
色も白色なのでほとんど差が分かりません。

(BEAMS GOLF)ビームスゴルフ/キャディバッグのフードファスナー修理

ファスナースライダーについているスラスはモデルごとにデザインが異なっていることが多く、同じものを用意することが困難です。
万が一スラスに破損がある場合や欠損している場合は代替えのスラスを取り付けさせて頂きます。

3,今回のお修理費用と納期

今回の(BEAMS GOLF)ビームスゴルフ/キャディバッグのフードファスナー交換で、費用が8.000円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用する部品などにより費用や納期は変動いたします。

全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。