(BELDING)ベルディング/フードカバーの楕円形レザー破れを修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、(BELDING)ベルディングのキャディバッグフードカバー修理をご紹介します。
破損状態は、ショルダーベルトを固定する『Dカン』を通す小判型の合皮が破れています。

(BELDING)ベルディング/フードカバーの修理

1,小判型レザーの状態を確認

(BELDING)ベルディング/フードカバーの楕円形レザー破れを修理

フードカバーの背面側にあるこの穴はショルダーベルトを固定するD型の金具を通すところで、その周りはショルダーベルトでバッグを持った際に力が掛かりやすいので補強も兼ねてレザーを当てているようです。

今回はその小判型のレザーが破れてきています。

(BELDING)ベルディング/フードカバーのDカンを通す革の切れを修理

素材を確認するとビニールレザーのようなものが使われていて厚みもあまりないので強度はそこまで強くなさそうです。
ここでショルダーベルトの重さを持たせるわけではないので特に問題はないのですがせっかくお修理するのであれば長持ちするようにしたいと思います。

2,今回のお修理方法

(BELDING)ベルディング/フードカバーの小判型レザーを取り外す

今回はこの小判型レザーを本革で作製交換をいたします。

まずフードカバーから小判型レザーを取り外すため外周の縫製をすべて解きます。

(BELDING)ベルディング/フードカバーの小判型レザーから本革に型を写す

取り外したレザーから本革に型を写します。
今回は比較的強度のある厚み約2mmのサドルレザーを使用いたします。

(BELDING)ベルディング/フードカバーの小判型レザーを本革で作製

型を写したら裁断をして

(BELDING)ベルディング/フードカバーの小判型レザーを本革に交換

菱目打ちで等間隔に縫製用の下穴をあけます。

(BELDING)ベルディング/フードカバーの小判型革当てを縫い付ける

元の縫製穴に位置を合わせて仮止めをします。

(BELDING)ベルディング/フードカバーの小判型レザーを本革で作製交換

下穴に沿って縫製をしたら完成です。

3,今回のお修理費用と納期

(BELDING)ベルディング/フードカバーの小判型レザー破れを修理

今回の(BELDING)ベルディング/フードカバー小判型レザー作製交換で、費用が6.000円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。