(Callaway)キャロウェイ / キャディバッグフードカバーのファスナーズレを修理する方法

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますBOND repair / ボンドリペアと申します。

今回は、(Callaway)キャロウェイのキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状態はフードカバーのファスナーが左右ずれてうまく閉まらなくなっています。

似たような症状の修理事例はこちら、
(Dance with dragon)ダンスウィズドラゴン / キャディバッグフードカバーのファスナーずれを修正してスライダー止め金具を取り付け

上記の修理事例はスライダー留めが外れてファスナーがずれていました。
今回のフードはスライダー留めは残っていましたがなんらかの理由で下側のスライダーが外れ、同じようにファスナーがずれています。

1,ファスナーの状態を確認する

(Callaway)キャロウェイ / キャディバッグフードカバーのスライダーが一つ外れてファスナーの左右がずれている

まずはファスナーコイル(レール側)に破損がないか確認します。
ファスナーがずれる理由は様々ですが、その中でファスナーコイルが破損して噛み合わせ不良がおきて左右のファスナーがずれてしまうことがございます。
このような場合はファスナーを端から端まで交換する必要があり、スライダーのみの交換やファスナーの調整に比べ高額になってしまいます。

今回はファスナーコイルには破損はなく、2つ付いているうちの下側のスライダーが欠損しておりファスナーが左右ずれているという状態でした。

2,今回のお修理方法

今回はファスナーのずれを修正して、欠損しているスライダーの代わりに1つ新しいスライダーを取付けます。
修理内容を動画にまとめておりますのでよろしければこちらもご覧ください。

ここから順を追って画像付きでお修理の流れをご説明します。

(Callaway)キャロウェイ / キャディバッグフードカバーのファスナーエンドについているスライダー留めを外す

まずはファスナーのずれを修正するためスライダー留めを取り外していきます。
千枚通しやラジオペンチなどで開いて外します。
基本的にはスライダー留めは新しいものに交換しますので錆びていて外れにくい場合などは切ってしまいます。

(Callaway)キャロウェイ / キャディバッグフードカバーのファスナーエンドの縫製を解く

スライダー留めが外れたらファスナーの端と外巻きテープの縫製を2.3目カットします。
スライダーの脱着をする際に作業がし難ければもう少し解きます。

(Callaway)キャロウェイ / キャディバッグフードカバーのファスナースライダーを取り外す

スライダーを外します。

(Callaway)キャロウェイ / キャディバッグフードカバーのスライダーを交換する

外したスライダーのサイズを確認して追加で取付けるスライダーを選びます。
今回はYKKのスライダーが適当なサイズなのでこちらを使用します。

(Callaway)キャロウェイ / ゴルフバッグフードカバーのスライダーを交換する

スライダーを取付けていきます。
上側のスライダーは元のスライダーを使用します。
通常は左右のファスナーのコイルがほぼ同じ長さなので左か右のどちらかを起点としてコイルが噛んでいくようにスライダーを入れます。

(Callaway)キャロウェイ / ゴルフバッグフードカバーのファスナーにスライダーを取り付ける方法

続いて下側のスライダーを入れます。
ファスナーが出てき難いのでファスナーの先端を千枚通しで割ると出やすくなります。
スライダーが入ったら上まであげてみてファスナーのずれやスライダーの可動に問題がないか確認します。

(Callaway)キャロウェイ / ゴルフバッグフードカバーのスライダーを交換後ずれがないか確認する

新しく取付けたスライダーには引手がついていないので代替の引手を取付けます。
今回は比較的サイズの近いレザーの引手を取付けました。

(Callaway)キャロウェイ / ゴルフバッグフードカバーのスライダーを交換後にストッパー金具を取付ける

スライダーと引手の取付けが無事済んだらファスナーの端の縫製をし直してスライダー留めを取り付けます。

(Callaway)キャロウェイ / キャディバッグフードカバーのスライダーを代替のパーツに交換

これで完成です。
ファスナーの左右のずれもなくなりスライダーも本来の2つ付きました。

(Callaway)キャロウェイ / キャディバッグフードカバーのファスナーズレを修理する方法

もしも外れたスライダーや引手が残っている場合はお修理のご依頼をいただく際は一緒にお送りください。
スライダーが破損していても引手だけ利用できる可能性もございます。

3,今回のお修理費用

今回の(Callaway)キャロウェイ / キャディバッグフードのファスナーズレ修正とスライダー1つ取付けのお修理内容で、2.500円(税抜き)でした。
※同じような症状でも付近の状態や構造、使用するパーツなどにより納期や価格は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン@からお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。