(PXG)ピーエックスジー/キャディバッグの底クッション材をしっかり固定する方法

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、(PXG)ピーエックスジーのキャディバッグ修理事例をご紹介します。
破損状況は、キャディバッグの底に接着してあるクッション材が剥がれてクラブと絡まってしまうという症状。

(PXG)ピーエックスジー/キャディバッグの修理

内部の仕切り布が絡まってしまう修理事例は、
(ZIPANG STUDIO)琉球ゴルフ/キャディバッグの中仕切りがクラブに絡まる修理事例

1,状態の確認

(PXG)ピーエックスジー/キャディバッグの底クッション材が剥がれてクラブに絡まる

中を覗いてみると、底に接着されていたクッション材が剥がれて完全に浮いてしまっています。

(PXG)ピーエックスジー/キャディバッグの剥がれた底クッション材

元々は接着で固定されていたようで全体に接着剤の跡がありますがクッション材は凹凸があるためしっかりと接着することが難しいのかと思われます。

2,今回のお修理方法

(PXG)ピーエックスジー/キャディバッグの底クッション材に使用するスポンジ

今回のお修理の目的はしっかりと固定ができること。
あと、お客様のご要望で今のクッション材よりも厚手のしっかりしたものということでしたので新たにクッション材から作製をして底にがっちりと固定できる方法でお修理をいたします。

まずは使用するクッション材を選びます。
今回は約4.5mm厚のウレタンフォームを使用いたします。

(PXG)ピーエックスジー/キャディバッグの底クッション材に使用するウレタンフォーム

これに元のクッション材から型を取って切り出します。

(PXG)ピーエックスジー/キャディバッグの剥がれた底クッション材を固定する樹脂板の作製

クッション材だけですとしっかりと固定することが難しいので方法を検討した結果、樹脂板にクッション材を縫い付けてその樹脂板を底にカシメで固定いたします。

(PXG)ピーエックスジー/キャディバッグの剥がれた底クッション材を切り出し

まずクッション材にカシメの頭よりも少し大きめの穴を開けます。

(PXG)ピーエックスジー/キャディバッグの剥がれた底クッション材を底に固定する方法

樹脂板にも同じ箇所に穴を開けますがこちらはカシメの芯が通るだけの穴を開けます。

(PXG)ピーエックスジー/キャディバッグの剥がれた底クッション材をしっかり固定する方法

こうすることでカシメの頭がクッション材の厚みに綺麗に隠れます。

(PXG)ピーエックスジー/キャディバッグの底クッション材とベルポーレンを縫製するラインを引く

ここからクッション材と樹脂板を縫い付けて固定をします。

外周の際を1周縫製するので縫製するラインに専用の道具でラインを引きます。

(PXG)ピーエックスジー/キャディバッグの底クッション材とベルポーレンを縫い付ける

菱目打ちで縫製するところに下穴を開けておきます。

(PXG)ピーエックスジー/キャディバッグの底クッション材を作製

縫製が完了したらこれを底に固定します。

(PXG)ピーエックスジー/キャディバッグの底クッション材を固定する穴を加工する

本体の底に新たに2箇所カシメを留める穴を開けておきます。

(PXG)ピーエックスジー/キャディバッグの底クッション材をカシメで固定する

ここに先ほど作ったクッション材を固定して完成です。

(PXG)ピーエックスジー/キャディバッグの底クッション材を作り替えて固定する

3,今回のお修理費用と納期

今回の底クッション材作製交換で、費用が6.500円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン@からお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。