(SCOTTYCAMERON)スコッティーキャメロン/クラブケースをセルフスタンドバッグに改造

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、(SCOTTYCAMERON)スコッティーキャメロンのクラブケース加工をご紹介します。
内容は自立しないクラブケースにスタンドパーツを付けてセルフスタンドバッグのように自立できるようにしたい、というご相談。

(SCOTTYCAMERON)スコッティーキャメロン/クラブケースをセルフスタンドバッグに改造する

1,クラブケースの構造を確認

(SCOTTYCAMERON)スコッティーキャメロン/クラブケースの軸

まずはクラブケース自体の加工が可能かを確認します。
自立しないクラブケースにはケース自体をまっすぐに保つため芯となる軸が通っています。

スタンドパーツは上と下で固定されており、クラブケースの下の方にスタンドを固定する際に内部にも作業スペースが必要になります。
それにはそこの縫製を解くか、バッグの芯を取って短く折りたたむようにして手が入るようにする必要があります。

今回はこの芯を取る方法で工程を考えます。

2,使用するスタンドパーツの選別

クラブケースの構造を確認したらこれに取り付けるスタンドパーツを選びます。
スタンドパーツは現時点で、基本的にパーツだけの入手ができないため部品取り用のセルフスタンドバッグからスタンドパーツを移設します。

今回使用するスタンドパーツはこちらのセルフスタンドバッグから移設します。
スタンドパーツにも数種類の形状があり、取り付けるバッグに応じてパーツを使い分けます。

3,今回の加工方法

(SCOTTYCAMERON)スコッティーキャメロン/クラブケースのセパレーターを固定しているビスを抜く

クラブケースの構造確認とスタンドパーツの準備が整いましたら実際に加工に入ります。

まずはセパレーターを取り外します。
こちらは素直にプラス頭のタッピングビスが入っていました。
一般的なキャディバッグのセパレーターは頭がプラスのネジ式ではなく差し込み式のシャフトが入っているものが多くあります。

(SCOTTYCAMERON)スコッティーキャメロン/クラブケースの仕切り棒を取り外す

両サイドのビスを抜くと仕切り棒が取り外せます。

(SCOTTYCAMERON)スコッティーキャメロン/クラブケースの軸を抜く

次にクラブケースの芯を抜き取ります。
端に生地が被さるように固定されているのでそこをめくって芯を引っ張り出します。

これでクラブケースを折りたたむようにして短くできます。

(SCOTTYCAMERON)スコッティーキャメロン/クラブケースに新たに取り付けるスタンドパーツ

先ほどご紹介したセルフスタンドバッグからスタンドパーツのみを取り外してクラブケースに取り付けていきます。

(SCOTTYCAMERON)スコッティーキャメロン/クラブケースにスタンドパーツを増設

仮で合わせてみてスタンドパーツの固定位置を決めます。

(SCOTTYCAMERON)スコッティーキャメロン/クラブケースにスタンドパーツを固定する位置を決める

上部は口枠の帯状になっているところに固定をします。
上下の位置は下を合わせてから決定します。

(SCOTTYCAMERON)スコッティーキャメロン/クラブケースに取り付ける場所を決める

スタンド脚を出すためのバネの役割を果たす部分はクラブケースの底から出る形になります。
ここが地面に当たってそこから押し込むことでスタンド脚が開脚する仕組みです。

そのストロークも考慮するとできる限り下の固定位置は下に取り付けたいのでギリギリのところで固定位置を決めます。

(SCOTTYCAMERON)スコッティーキャメロン/クラブケースに取り付けるスタンドパーツの加工

位置が決まったら固定をしていきます。
スタンドパーツの下の取付穴は固定するビスに比べて直径が広かったのでスペーサーを入れて内径を調整します。

(SCOTTYCAMERON)スコッティーキャメロン/クラブケースにスタンドを移設する改造

内径にぴったり合うアルミパイプを長さが合うように加工します。

(SCOTTYCAMERON)スコッティーキャメロン/クラブケースにスタンド脚を取り付ける

下側を固定してから

(SCOTTYCAMERON)スコッティーキャメロン/クラブケースにスタンドパーツをカシメで固定する

上部を固定します。

固定できたらスタンドの開閉を確認しておきます。

(SCOTTYCAMERON)スコッティーキャメロン/クラブケースをセルフスタンドバッグ化

中の芯とセパレーターを取り付けて完成です。

(SCOTTYCAMERON)スコッティーキャメロン/クラブケースにスタンドを取り付けるカスタム

4,今回のカスタム費用と納期

今回のクラブケースにスタンドを取り付けるカスタムで、費用が14.000円(税抜)+部品取り用セルフスタンドバッグ約4.000~6.000円、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。