(Titlelist)タイトリスト/VOKEY DESIGN WEDGESキャディバッグの切れて欠損したハンドルを新たに作製して交換

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますBOND repair / ボンドリペアと申します。

今回は、先日ご紹介した(Titlelist)タイトリストVOKEY DESIGN WEDGESのキャディバッグのハンドル修理をご紹介します。
本日ご紹介する修理箇所は、持ち手が切れて欠損している部分を新たに作製して交換します。

前回までご紹介した修理内容は、
(Titlelist)タイトリスト/VOKEY DESIGN WEDGESキャディバッグの割れたショルダーベルト金具を代替のナスカンに取替
(Titlelist)タイトリスト/VOKEY DESIGN WEDGESキャディバッグの破れた仕切り生地を張替え

(Titlelist)タイトリスト/VOKEY DESIGN WEDGESキャディバッグのハンドルが切れて紛失

1,状態の確認して持ち手デザインのプランと見積もり

まずは持ち手と付近の状態を確認します。

(Titlelist)タイトリスト/VOKEY DESIGN WEDGESキャディバッグのハンドルが切れて欠損している

持ち手を固定している上部のベルトも切れかかっており持ち手自体は無くなってしまっています。
元のデザインが分からないのでgoogleの画像検索で同じようなキャディバッグを探します。
過去に同じような修理の履歴があったのでそちらの画像も確認して今回作製するハンドルのデザインを決めてお客様にご提案します。

2,今回のお修理方法

今回は持ち手と上部ベルトをセットで新たに作製して交換します。

(Titlelist)タイトリスト/VOKEY DESIGN WEDGESキャディバッグのハンドル上部根革の切れ

まずは口枠付近を解体して上部のベルトを取り外します。
状態を見てみると中の芯材に使用されている樹脂板が割れて表面のレザーが切れています。

(Titlelist)タイトリスト/VOKEY DESIGN WEDGESキャディバッグの欠損したハンドルを革で作製

ベルトを解体して長さを測ります。
今回作製する際は芯材を樹脂板ではなく、比較的引っ張り強度もあり素材の劣化が少ないベルトを入れます。
表には黒色の本革を使用します。

(Titlelist)タイトリスト/VOKEY DESIGN WEDGESキャディバッグのハンドルを革で作製する

芯材のベルトを包むようにして革を巻き接着します。
さらに強度の向上とデザインを極力元の状態と揃えるため両サイドを縫製します。

革を手縫いする時の自作道具(小指プロテクター)

これは手縫いをする時に使用する小指プロテクター。革を巻いて縫い合わせた筒です。
縫製糸を締め込むために各穴を通した後に適当な力をかけて引っ張るのでこれをしていないと小指に糸が食い込んでしまいます。
短い距離を縫うときは使用しないこともあります。

(Titlelist)タイトリスト/VOKEY DESIGN WEDGESキャディバッグのハンドルベルトの長さを調整する

出来た上部ベルトを仮留めして持ち手の長さを決めます。
外れて持ち手が残っていればそれを元にデザインや寸法を決めれるのですが今回は持ち手がなくなってしまっていたので一からサイズとデザインを決める必要があります。

(Titlelist)タイトリスト/VOKEY DESIGN WEDGESキャディバッグのハンドルベルトを革で作製

持ち手のベースとなる部分を作ります。
基本的な構造は先ほどの上部ベルトと同じです。

(Titlelist)タイトリスト/VOKEY DESIGN WEDGESキャディバッグのハンドルベルト作製

元の金具に通してからグリップ部分を作製していきます。

(Titlelist)タイトリスト/VOKEY DESIGN WEDGESキャディバッグのハンドルグリップを巻く材料

グリップ部分も同じ革を使用します。下のグレーのものはクッション性のあるウレタンです。

(Titlelist)タイトリスト/VOKEY DESIGN WEDGESキャディバッグの持ち手にクッション材を入れる

キャディバッグはクラブを入れるとかなりの重量になるので持ち手のクッション性は重要です。

(Titlelist)タイトリスト/VOKEY DESIGN WEDGESキャディバッグ用に手縫いで作った持ち手

ウレタンを巻いてから革を巻き一緒に縫製していきます。
ここも0番の糸にロウを引いて手縫いで縫製します。

(Titlelist)タイトリスト/VOKEY DESIGN WEDGESキャディバッグ用に作った持ち手

完成したハンドルと上部ベルト一式です。

(Titlelist)タイトリスト/VOKEY DESIGN WEDGESキャディバッグの切れてなくなった持ち手を新しく作り直して取替

元のように組み立てていきます。
カシメの穴が広がっているところもあったのでそこは大きめのワッシャーを入れて補強して固定します。

(Titlelist)タイトリスト/VOKEY DESIGN WEDGESキャディバッグのハンドルを作り直して取付ける

かなりしっかりとしたハンドルになりました。
今回のように新たに作製することも可能ですが元のハンドルが残っていた方が作製しやすいので切れて外れてしまった場合でも念のため保管しておくことをおすすめいたします。

(Titlelist)タイトリスト/VOKEY DESIGN WEDGESキャディバッグの切れて欠損したハンドルを新たに作製して交換

3,今回のお修理費用と期間

今回のハンドルと上部ベルトセット作製取替えで24.000円(税抜き)で納期が約3週間でした。
※同じような状態でもバッグの構造や付近の状態、使用する材料などによって納期や価格は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン@からお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。