(GUCCI)グッチ / トートバッグのハンドル摩耗を取替修理

こんにちは。大阪府池田市でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般、家具やその他の修理をしております、BOND repair / ボンドリペアと申します。

 

今回は(GUCCI)グッチのトートバッグの修理事例をご紹介いたします。

 

1, (GUCCI)グッチ / トートバッグの破損状況

 

今回お預かりしたのは(GUCCI)グッチのナイロン製トートバッグで、ハンドルはテープが使用されていました。
前回の(BREE)ブリーのハンドル修理事例と同様に手で持つ部分が特に摩耗している状態でした。

 

(BREE) ブリー / ビジネスバッグ・ブリーフケースのハンドルを作製して取替え修理

 

(GUCCI)グッチ / トートバッグのハンドル摩耗

 

トートバッグは使い勝手の良さから日常的に使用してなんでもポイポイ入れてしまいます。自分は、、ですけど。

 

(GUCCI)グッチ / トートバッグのハンドルベルトのほつれ

 

2, (GUCCI)グッチ / トートバッグのハンドル修理方法

 

今回はベルトが全体的に摩耗して解れてきそうな状態でしたのでベルト全体を取替えていきます。
破損個所を修理する目的であっても仕上がりの全体の雰囲気は大切な要素なので機能とデザインと修理の費用とすべての条件が折り合うところをお客様と打ち合わせして修理内容を決定します。

 

(GUCCI)グッチ / トートバッグの外巻き解き

 

まずはハンドルベルトを取り外すため本体の縁巻きを解いていきます。
縁巻きは革が使用されていました。縁巻きは一度解いたら元の穴が残っていて再縫製をした際に見栄えが悪かったり、ミシン目が増えて切れてしまう原因になりますので基本的には新しいものに取替えをいたします。
解く長さや状況によってはそのまま再利用する場合もございます。

 

(GUCCI)グッチ / トートバッグのハンドルを解体したところ

 

本体からハンドルベルトを解体した状態です。
元のベルトに近い質感で同じ幅のアクリルベルトを用意して持ち手部分のデザインを再現します。

 

(GUCCI)グッチ / トートバッグのハンドルベルトの取替

 

本体にベルトを縫い付けました。

 

(GUCCI)グッチ / トートバッグのハンドル縫い目の裏補強

 

ベルトと本体の縫製箇所は負荷が集中するところなので裏に補強の生地を当てて縫製します。
ほんの少しの効果でもせっかく解体して同じ工程内でできるのあればやっておこうと思います。

 

(GUCCI)グッチ / トートバッグの外巻き取替

 

外巻きを新しい革のテープで巻いて縫製をします。
ここを塞ぐ前に縫い残しやカシメの留め忘れがないか必ずチェックしておきます。

 

(GUCCI)グッチ / トートバッグのハンドル摩耗を取替修理

 

これで完成です。

 

3,修理代金

 

今回のお修理で22,000円(税抜き)でした。
※同じお鞄でも状態によって修理不可となったり、お見積もり金額が変動する可能性がございます。
トートバッグのハンドル修理の概算修理代金は下記の通りです。
●ハンドル部分補強(1ヶ所)→約3,000~6,000円程度
●ハンドル作製取替え(1本)→約8,000~16,000円程度

 

画像をお送り頂けましたらもう少し詳細な価格をお答えできますのでメールもしくはライン@からお気軽にお問合わせください。

 

 

 

←BREEのハンドル修理の際にもご紹介したハンドルカバーです。
持ち手が細い場合にこのようなカバーを付けることで力が分散され持ちやすくなることもあります。

 

 

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。