(BREE) ブリー / ビジネスバッグ・ブリーフケースのハンドルを作製して取替え修理

こんにちは。大阪府池田市でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般、家具やその他の修理をしております、BOND repair / ボンドリペアと申します。

今回は(BREE)ブリーのビジネスバッグ・ブリーフケースの修理事例をご紹介いたします。

1, (BREE)ブリー / ビジネスバッグの破損状況

今回お預かりしたBREEのバッグは本体、ハンドルともに革製で破損状況はハンドルの手で握る部分が伸びて切れかかっている状態でした。
本体と同じようなしっとりとした柔らか目の質感の革が使用されています。

(BREE)ブリー / ビジネスバッグ、ブリーフケースのハンドル切れ

仕事で使うバッグはパソコンや書類、筆記用具などを入れ重くなりがちで毎日使用するものですからハンドルへの負担は相当なものなんだと思います。

(BREE)ブリー / ビジネスバッグ、ブリーフケースのハンドル劣化

ナイロン生地のトートバッグ、ハンドル取替えは、
(GUCCI)グッチ / トートバッグのハンドル摩耗を取替修理
をご覧ください。

2, (BREE)ブリー / ビジネスバッグのハンドル修理方法

ハンドルの持ち手部分が目立って劣化していますがハンドルの根本の方は比較的綺麗な状態でした。
構造やデザインによっては劣化部分のみ補強して修理する場合もありますが今回のバッグは手で持つ部分の幅が細くそこだけ補強をするよりも全体をしっかりとした革に取替えた方が今後長く使用するには適していると考えお客様と打ち合わせの上でハンドル2本を新たに作製して取替えることになりました。

(BREE)ブリー / ビジネスバッグ、ブリーフケースのハンドル解体

まずは既存のハンドルを取り外すため本体側のハンドルを縫い込んでいる部分を解いていきます。

(BREE)ブリー / ビジネスバッグ、ブリーフケースのハンドル作製

取り外したハンドルから型を起こします。
伸びている部分や切れている箇所もありますので綺麗に残っている部分の型を写してから不足している部分を自然に繋がるように線を引きます。
今回は厚手の硬めの革を使用しました。

(BREE)ブリー / ビジネスバッグ、ブリーフケースの内装縫製

内装は綺麗な赤色で縫製の糸も赤色なのでハンドルを本体に縫い付ける際は上糸は黒、下糸は赤色を使用します。

(BREE)ブリー / ビジネスバッグ、ブリーフケースのハンドル作製取替え

ブランドバッグを修理していて思うのですが、見た目シンプルなのにどこかに凝った作りが隠されていたりします。
コピーされ難くしたり外で修理をし難くしているのかもしれませんが自社で修理する時もやりにくいだろうなと思います。

(BREE)ブリー / ビジネスバッグ、ブリーフケースのハンドル取替え修理

3,修理代金

今回のお修理で18,000円(税抜き)でした。
※同じお鞄でも状態によって修理不可となったり、お見積もり金額が変動する可能性がございます。
ビジネスバッグのハンドル修理の概算修理代金は下記の通りです。
●ハンドル部分補強(1ヶ所)→約3,000~6,000円程度
●ハンドル作製取替え(1本)→約8,000~14,000円程度

画像をお送り頂けましたらもう少し詳細な価格をお答えできますのでメールもしくはライン@からお気軽にお問合わせください。

 

←ハンドルのカバーを使用することで汗や摩擦の劣化を軽減することができます。
見た目のデザインに影響するので実用性を重視する方向けかもしれません。

 

 

←ハンドルのタイプによってはこのような既成ハンドルなどもございますのでご自身での取替えも可能かもしれません。
こういったパーツを使用して当店で修理可能ですか?などのお問合せもお気軽にご連絡ください。

 

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。