スノーボードケース/持ち手近くの縫製解れを修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回はスノーボードケースのお修理をご紹介します。
破損状態は、トップハンドル付近の生地を縫い合わせている縫製箇所が解れて穴が開いてしまっています。

スノーボードケースの修理

1,解れ箇所を確認

スノーボードケース/ハンドル付近の生地解れ修理

まずは縫製が解れている箇所の状態を確認します。
スノーボードケースを立てた状態で持つハンドルの近くが大きく解れています。ここはハンドルを持った際に荷重が掛かりやすいところなのでスノーボードケースの中でも特に破損しやすい箇所になります。
その他にはサイドハンドル付近やショルダーベルトを掛けるDカン付近も同じ理由で破損が多い箇所です。

オールインワンタイプのスノーボードケースなどは、ボードやブーツ、ウェアを入れるとパンパンになり無理にファスナーを開け閉めするとファスナーが破損してしまうといった症状もよく見られます。
(Snow moto)スノーモト/スノースクートの専用バッグのほつれたメインファスナーを交換

スノーボードケース/ハンドル付近の生地破れ

幸い縫製糸が先に切れているのでマチ生地側も背面側の生地も見たところ破れは無さそうです

2,今回のお修理方法

スノーボードケース/内装内巻きテープの破れを修理

今回は縫製の解れている箇所を再縫製してお修理させて頂きます。
まずは解れている箇所の縫製糸などをきれいに取り除いていきます。マチ生地と背面生地を縫い合わせた生地のヘリには解れを防止する内巻きテープが巻いて縫製されているのですが、こちらに使用されていたテープが不織布のような素材で解れた際に伸びてしまったり所々に毛羽立ちが見られましたので今回再縫製する箇所には新しく内巻きテープを巻き直します。

綺麗な状態の部分でカットしてしまいます。

スノーボードケース/内装内巻きテープの切れた箇所に補強

マチ生地と背面生地を下縫いしてから内巻きテープを巻いて縫製します。

スノーボードケース/生地解れの補強と再縫製

今回は一般的なバッグの内巻きテープに使用されているグログランという材料を使用いたしました。

スノーボードケース/縫製の解れを再縫製

これで完成です。

スノーボードケース/持ち手近くの縫製解れを修理

3,今回のお修理費用と納期

今回のスノーボードケース/縫製解れの再縫製と内巻きテープの部分補強で、費用が5.500円(税抜)、納期が約1週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。