(Snow moto)スノーモト/スノースクートの専用バッグのほつれたメインファスナーを交換

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますBOND repair / ボンドリペアと申します。

今回は、スノーモトやスノースクーターを収納する布製のキャリーバッグ修理をご紹介します。
破損状況は、メインファスナーが解れて開閉が出来なくなっています。

(Snow moto)スノーモト/スノースクートのメインファスナー解れ

1,破損の状態と構造を確認する

まずはファスナーの破損状態を確認します。
ファスナーコイル(レール部分)が完全にテープからほつれて外れてしまっています。

(Snow moto)スノーモト/スノースクートのメインファスナーが破損

ファスナー全体を確認したところ他のところも摩耗してコイルが解れてきそうなところが数箇所ありました。

2,今回のお修理方法

今回は解れ具合やファスナー全体の確認をする限り全体的に摩耗がみられ、部分補修は困難と判断しファスナー全取替をいたします。
構造は複雑なものではなく裏地にファスナーが乗っているような作りなので内装のおおがかりな解体も必要なく比較的容易にファスナー交換が可能な構造です。

(Snow moto)スノーモト/スノースクートのメインファスナーほつれ修正

自転車用の輪行バッグやスキューバダイビング用の器材を入れるバッグなどスポーツ系のバッグに多く仕様されているのですが、こちらのバッグもファスナーの幅が広い10番コイルファスナーが仕様されていました。
このファスナーは一般的な手芸屋さんでは取り扱っているところはほぼ無いのでファスナー屋さんなどから仕入れる必要がございます。

(Snow moto)スノーモト/スノースクートのメインファスナーを交換

長さも長く、今回のもので全長約180cmのファスナーを使用しました。
スノーボードケースなどは200cmを超えるファスナーを使用することもあります。

(Snow moto)スノーモト/スノースクートの専用バッグのほつれたメインファスナーを交換

3,今回のお修理費用と納期

今回のスノーモト用ケースのメインファスナー交換で、費用が18.000円(税抜)、納期が約2週間でした。
※似たような症状でも使用するパーツや付近の状態により費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン@からお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。