(BURTON)バートン/キャディバッグフードの割れたファスナースライダーを交換

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、(BURTON)バートンのキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状況は、フードカバーのファスナースライダーが割れて引手がなくなっています。

(BURTON)バートン/キャディバッグの修理

1,状態の確認

まずはスライダーと念のためファスナーコイルも破損がないかチェックします。

(BURTON)バートン/キャディバッグフードのファスナースライダー破損

ファスナーコイル側は破損はなさそうなのでスライダーの破損状態を見てみます。
引手を固定している部分が折れてなくなってしまっています。

2,今回のお修理方法

今回はスライダーを交換します。
引手も欠損しているとのことですので代替の引手を取付けます。

(BURTON)バートン/キャディバッグフードのスライダー留めカシメを抜く

まずはスライダーを取り外すためヘリ巻きを留めているカシメを左右とも取り外します。
こちらのカシメは打ち込んで固定しているので軸をカットするか頭を削り落として外します。

(BURTON)バートン/キャディバッグフードのヘリ巻きの縫製を解く

カシメを外したらヘリ巻きの縫製をスライダー脱着に必要な分だけ解きます。

(BURTON)バートン/キャディバッグフードのファスナースライダーを引き抜いたところ

スライダーを引き抜きます。
こちらのフードカバーはスライダーが1つのタイプですのでこの状態で新しいスライダーを取付けます。

(BURTON)バートン/キャディバッグフードから取り外した破損したファスナースライダー

取り外したスライダー。ご苦労様でした。

(BURTON)バートン/キャディバッグフードのファスナーに合うスライダーを選ぶ

元のスライダーと合わせてサイズの合うスライダーを探します。
今回は5番サイズのスライダーが使用されていました。

(BURTON)バートン/キャディバッグフードのファスナーに新しいスライダーを通す

上から下に開く形になりますので、スライダーの後ろからファスナーに差し込みます。

スライダーが通ったら動きや硬さ、ファスナーの左右ずれがないかを確認しておきます。

(BURTON)バートン/キャディバッグフードのファスナーエンドを縫製

ヘリ巻きの縫製をして、

(BURTON)バートン/キャディバッグフードのファスナーエンドをカシメ留め

元の構造と同じように小カシメでヘリ巻きを留めます。

(BURTON)バートン/キャディバッグのフードファスナーエンドを中空鋲で留める

一般的なキャディバッグではあまり見られない留め方ですが簡単に外れることはないのでクリップのように挟み込む金具よりも効果的かもしれませんね。

(BURTON)バートン/キャディバッグのフードカバーに付いているスライダーの割れを交換修理

これで完成です。
留め金具の小ぶりなイメージに合わせて引手も細身のデザインのものにしました。

(BURTON)バートン/キャディバッグフードのファスナースライダー取替修理

3,今回のお修理費用と納期

今回のフードカバースライダー交換で、費用が3.500円(税抜)、納期が約1週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン@からお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。