スーツケースのTSA錠前を交換

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、スーツケースの修理をご紹介します。
破損状況は、TSA錠前の片側の表カバーが外れて欠損しています。

スーツケースの修理

1,状態の確認

スーツケースの左側の錠前破損

まずは錠前とその付近にも破損がないかを確認します。
お客様に破損した時の状況を確認したところ空港で預けて引き取った時にこのようになっていたというころでしたので恐らく輸送中に錠前に何かが引っ掛かってカバーが外れてしまったものと思われます。

スーツケースのTSAロック割れ

ハンドルベースの方には特に破損はなさそうです。

2,今回のお修理方法

今回はこちらの錠前を交換します。
鍵番号が変わるため左右セットでの交換となります。

こちらのお修理を動画にまとめておりますのでよろしければこちらもご覧ください。

スーツケースの錠前を留めているビスを抜く

まずは錠前を固定しているビスをすべて抜きます。
今回はすべてビスでしたがカシメで固定されている場合もありますのでその際はカシメの頭を削り落として取り外します。

スーツケースのフレームビスを抜く

メインハンドルベースが錠前に被さっているのでメインハンドルも取り外すためそれらのビスも抜き取ります。

スーツケースのメインハンドルを取り外す

ビスを抜くとこのようにハンドルとベースがセットで取り外すことができます。
ハンドルにバネが入っていることが多いので取り外す時はパーツがバラバラにならないように慎重に取り外します。

スーツケースの錠前を取り外す

ハンドルベースを取り外すと錠前が取り外せます。

スーツケースの破損した錠前を取り外す

錠前のツメがフレームにはまっているので傾けて引き抜きます。

スーツケースの代替TSAロック

新しいパーツを用意します。
元のTSAロックにほぼ形状が同じ錠前がございましたので今回はこちらに交換します。

スーツケースのTSAロック取付

取り外した時と同じようにフレームに錠前をはめ込みます。
ツメ側から入れて斜めに入れます。

スーツケースのメインハンドル取付

メインハンドルとベースを取付けます。

スーツケースの錠前取付

すべてのビスを留めてパーツを固定します。

スーツケースの錠前にツメが掛かるかチェック

フレーム上部についているフックが錠前に入る構造なので位置を確認しながら開閉のチェックをします。

スーツケースの錠前開閉確認

錠前の開閉と鍵の施錠開錠チェックをして問題がなければ交換は完了です。

スーツケースの内装をクリーニング

あとは内装の掃除をして、

スーツケースの内装クロスベルトと仕切りを整える

ディバイダーとクロスベルトを綺麗に整えて完成です。

スーツケースのTSAロックを交換

3,今回のお修理費用と納期

今回のTSAロック交換で、費用が6.000円(税抜)、納期が約1週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン@からお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。