木の庄帆布/キャディバッグのフードカバーに付いている革ベルトの切れを修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は木の庄帆布のキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状況は、フードカバーの上部についている革ベルトが根元で切れて外れかかっています。

木の庄帆布/キャディバッグの修理

1,革ベルトの状態を確認

木の庄帆布/キャディバッグフードカバーの革ベルト切れ修理

革ベルトの状態を確認します。
縫製されていたミシン目に沿って革が切れてきています。こちらは本革が使用されているのですが、経年変化で革が硬化し柔軟性が無くなるとこのように切れてしまうことがあります。

以前ご紹介させて頂いたキャディバッグの傘をバッグに固定するベルトが切れてしまったお修理事例も同じ原因です。
(革製キャディバッグ)切れた傘立てベルトを作製取替

2,今回のお修理方法

木の庄帆布/キャディバッグフードカバーの革ベルト切れ

今回はこの革ベルトを新しく作り直して交換をさせて頂きます。

まずは縫い付けられている箇所を解いて革ベルトを取り外します。

木の庄帆布/キャディバッグフードカバーの革ベルトを代替えのレザーで作製

今後の風合いの変化を考慮して少し薄めの色味の革を使用いたします。
0.3mmほど元の革よりも厚めの革をご用意いたしました。

木の庄帆布/キャディバッグフードの革ループを交換

この革を元のベルトの寸法に合わせて裁断して

木の庄帆布/ゴルフバッグのフードに付ける革ベルトの作製

ループ状になるよう接着をして縫製する下穴を開けておきます。
ベルトの幅が狭いのでミシン目をバランスよく配置できるようにこのように初めから縫う位置を決めておきます。

木の庄帆布/キャディバッグのフード革ベルトを新しく作製交換

出来上がった革ループを元の位置に差し込んでフードカバーの生地と一緒に縫製しましたら完成です。

3,今回のお修理費用と納期

木の庄帆布/キャディバッグのフードカバーに付いている革ベルトの切れを修理

今回の木の庄帆布/フードカバーの革ベルト作製交換で、費用が6.000円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。