(KitKat)キットカット/キャディバッグフードのロゴ刺繍回りの生地破れを修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、珍しい(KitKat)キットカットのキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状態は、フードカバーのエナメル生地が破れロゴワッペンの回りも際で裂けてきています。

限定モデルのようでもう入手ができないのでなんとか直したいとご相談を頂きました。

(KitKat)キットカット/キャディバッグのフードカバーロゴ刺繍回りの生地裂け

1,生地の状態を確認

(KitKat)キットカット/キャディバッグのフードカバーロゴ刺繍回りの生地破れ補修

お客様の一番の気掛かりは、この『KitKat』のロゴワッペンの際が少しずつ避けてきているので最終的には全部剥がれてしまうのではないかということ。

(KitKat)キットカット/キャディバッグのフードカバーロゴ刺繍回りの生地切れ

ロゴワッペンは回りを刺繍で本体に縫い付けている作りで、そのミシン目が細かいこともあり刺繍に沿って生地が切れています。

(KitKat)キットカット/キャディバッグのフードカバー生地破れ修理

また、生地自体が硬化してきているようで全体的にパリパリとした感触です。
マチ生地(ファスナー両サイドの生地)も折れ曲がったところで生地が割れるように切れています。

2,今回のお修理方法

(KitKat)キットカット/キャディバッグのフードカバーを作り直してロゴワッペンを縫製

生地の状態が劣化してきていたことと、今後も長くご使用されたいとのことでしたので今回はフードカバーを新しいエナメル生地で作製し直して大事な『KitKat』のロゴワッペンは新しいフードカバーにそのまま移設します。

(KitKat)キットカット/キャディバッグのフードカバーを新しいエナメル生地で作製

作製の流れは、元のフードカバーを一度バラバラに解体をします。
その生地から型を取って新しいエナメル生地から各パーツを裁断します。
後はそれらを組み立ててロゴワッペンの回りを縫製で縫い付けて完成です。

(KitKat)キットカット/キャディバッグのフードワッペンを移設

ただこの方法でお修理が出来るのはロゴワッペンの状態が良く、回りの刺繍が解れてきていないことが条件になりますので状態によっては同じお修理方法が取れない可能性がございます。
お写真である程度の判断はつきますのでお気軽にお問合せください。

(KitKat)キットカット/キャディバッグのフードカバー生地破れを修理

また、フードカバーを新たに作製する場合はまったく同じ生地がご用意できないことが多いので代替えの生地を使用いたします。
今回のように汎用性のあるエナメル生地などですとほとんど差が分からない程度の生地がご用意できる場合もございますが色付きのPVCレザーなどはどうしても質感や色味に差が生じる可能性がございます。

代替えの生地を使用する場合は事前に生地サンプルとの比較写真をお送りしてご確認頂いた上でお修理を行っております。

3,今回のお修理費用と納期

(KitKat)キットカット/キャディバッグの修理

今回のフードカバー作製とロゴワッペンの移設で、費用が22.000円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。