(MIZUNO)ミズノ/キャディバッグの折れた仕切り棒の修理方法

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、(MIZUNO)ミズノのキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状態は、クラブを仕切るセパレーターの芯棒が1本折れてしまいビスが露出した状態になっています。

(MIZUNO)ミズノ/キャディバッグの修理

1,セパレーターの状態を確認

(MIZUNO)ミズノ/キャディバッグの仕切り棒折れ

セパレーターの状態を確認していきます。
向かって左下のところが仕切り棒の根元で折れてビスが見えています。
セパレーターが折れているお修理はよくお預かりしますが、その中でも特にこの部分が折れていることが多いです。
恐らくカートに乗せたり車のトランクなどに入れている際にクラブの重みが掛かって折れてしまうのかと思われます。

(MIZUNO)ミズノ/キャディバッグのセパレーター芯折れ修理

今回のキャディバッグは口枠と仕切りが独立しているタイプですが、口枠と仕切りが一体になっている成型タイプの仕切りが折れてしまったお修理事例は、
キャディバッグの折れてしまった仕切りを修理する方法をご紹介(成形タイプ)

2,今回のお修理方法

(MIZUNO)ミズノ/キャディバッグのセパレーターを留めているビス

今回は折れている仕切り棒を1本新しく作製して交換いたします。

(MIZUNO)ミズノ/キャディバッグのセパレーターのビスを引き抜く

まずは仕切り棒を固定しているビスを引き抜きます。
このビスは頭が+になっていますがネジが切られていないものが多く、ドライバーで回しても抜けなければこのように引き抜きます。

(MIZUNO)ミズノ/キャディバッグの仕切り棒を固定しているビス

抜いたビスはこんな感じ。真ん中あたりに返しのような突起があり、このビスを樹脂製の芯棒に差し込むことで固定をしています。
この構造が芯棒を割れやすくしているような気もしますが、ネジが切ってある木工などで使用するビスの場合は今回のように芯棒が割れてビスが露出した時に怪我をしたりクラブを傷付けてしまうので使用していないのかと思われます。

(MIZUNO)ミズノ/キャディバッグのセパレーターの折れた芯棒を新しく作製

抜き取った芯棒を破片も合わせて元の長さを採寸し、新しい樹脂棒をカットします。
カットしたままだとバリが出ていて生地を引っ掛けてしまいますので軽く面取りをしておきます。

(MIZUNO)ミズノ/キャディバッグのセパレーターの芯を入れ替え

作製した芯棒を元のように仕切り生地の中に通します。

(MIZUNO)ミズノ/キャディバッグの仕切り芯を固定しているビスを取り付け

あとはビスを打ち込んで完成です。

(MIZUNO)ミズノ/キャディバッグの仕切り芯割れを交換修理

3,今回のお修理費用と納期

(MIZUNO)ミズノ/キャディバッグのセパレーター芯棒折れを修理

今回の(MIZUNO)ミズノ/セパレーター芯棒交換1本で、費用が4.000円(税込)、納期が約1週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。