キャディバッグの折れてしまった仕切りを修理する方法をご紹介(成形タイプ)

こんにちは。BOND repair / ボンドリペアと申します。

今回はキャディバッグの仕切り(口枠、仕切りが一体の成形タイプ)が折れてしまった時の修理方法をご紹介いたします。

成形タイプは様々な形状があるので修理可否の可能性についても記載しております。

※ 今回は成形タイプの仕切り折れについての記事です。
口枠と仕切りが独立しているタイプの仕切り棒の折れに関しては、
折れてしまったキャディバッグの仕切り棒を自分でも修理できる方法をご紹介(口枠、仕切り独立タイプ)(キャディバッグの仕切り棒が折れた。。。自分でもできる修理方法をご紹介(口枠、仕切り独立タイプ))
をご覧ください。

1,修理が出来る可能性

まず仕切りの種類には大きく分けて2種類あり、口枠と仕切りが独立している『独立タイプ』と口枠と仕切りが一体になった『成形タイプ』になります。
仕切りの種類に関しましては、
(破れてしまったキャディバッグの仕切り布(上部)を直す方法)
の記事で画像付きで解説していますので、そちらをご覧ください。

こちらの成形タイプの中でも区画の少ないもの(6~8区画程度)のものは比較的お修理できる可能性があります。
10区画以上のものになりますと、仕切りを修理する為に必要な口枠の解体組立が当店では出来ないものが多くお修理出来る可能性は低くなります。

2,修理の方法

成形タイプの仕切り折れで過去にお修理させていただいた事例をご紹介いたします。

仕切りが折れたキャディバッグ

写真では分かりづらいですが、赤丸部分が2箇所折れてしまっています。
まずは、仕切りを本体から取り外して生地をめくります。
根本で綺麗に折れていたので元の位置に合わせて溶接しました。

仕切り折れの修理(溶接)

溶接しただけでは弱いので金具を入れて補強します。

仕切りの補強

最後に仕切りの生地への負担を軽減する為、金具に当て布を接着して元通りに組み立てて完成です。

仕切り補強修理

今回ご紹介したのでこのバッグのこの破損状態での修理方法ですので状態や構造により都度お修理の方法は変わります。

3,概算の修理代金

今回ご紹介した方法で当店がお修理した場合の概算のお見積もりは下記の通りです。

●セパレーター折れ補修補強(1本)→約6,000~10,000円程度

画像をお送り頂けましたらもう少し詳細な価格をお答えできますのでメールもしくはライン@からお気軽にお問合わせください。

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。