(PEARLY GATES)パーリーゲイツ/キャディバッグの口枠へり生地抜けを修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は(PEARLY GATES)パーリーゲイツのキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状態は、口枠と本体の生地を縫い合わせている部分から生地が抜けてしまっています。

(PEARLY GATES)パーリーゲイツ/キャディバッグの修理

1,生地が抜けている箇所の状態を確認

(PEARLY GATES)パーリーゲイツ/キャディバッグの生地抜けを再縫製

本体に口枠が重なって縫製されているところから本体側の生地が一部抜け出てきています。
見たところ端の縫製にミシン目はあるので恐らく引っ張られて抜けてしまったようです。縫製糸は切れていないので生地が少し切れてしまっています。

(PEARLY GATES)パーリーゲイツ/ゴルフバッグの口枠へりの縫製抜け

抜けている範囲を確認すると約3~4cmの幅で生地が抜けています。

2,今回のお修理方法

(PEARLY GATES)パーリーゲイツ/キャディバッグのセパレーターを留めているビスを抜く

今回は生地が抜けている付近の縫製を一度解いて元の位置よりも少し奥に詰め、縫製糸がしっかりとかかる位置に調整をして再縫製いたします。

まずは口枠の縫製が出来るようにセパレーターのビスを抜いて内側の仕切りを外します。
仕切り布は底まで繋がっているので底に落としておきます。

(PEARLY GATES)パーリーゲイツ/キャディバッグの仕切りを解体する

これで作業スペースは確保できましたので口枠の縫製を解いていきます。

(PEARLY GATES)パーリーゲイツ/キャディバッグの口枠再縫製

生地が抜けている箇所の中心から左右に均等に約5cmずつ全体で約10cmほど解きます。
あまり短い範囲を解くと生地をしっかりと奥に詰めれませんので生地が抜けている範囲よりも余裕をもって広めに解きます。

(PEARLY GATES)パーリーゲイツ/キャディバッグの口枠へり縫製抜けを修理

念のため接着剤を付けてから奥に詰めて生地の端から3~5mmほどのところに縫製糸がくる程度まで奥につめて仮止めをし、手縫いで縫製をいたします。
セパレーターを組み立てて、接着材が乾燥したら生地がしっかりと止まっているかを確認して完成です。

3,今回のお修理費用と納期

(PEARLY GATES)パーリーゲイツ/キャディバッグの口枠へりの縫製抜けを奥に詰めて再縫製

今回の(PEARLY GATES)パーリーゲイツ/口枠へりの生地抜け再縫製で、費用が6.000円(税抜)、納期が約1週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。