(victorinox)ヴィクトリノックス/キャディバッグのショルダーベルト生地解れを修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、(victorinox)ヴィクトリノックスのキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状態は、ショルダーベルトの肩当部分の生地が重なっているところがミシン目から解れてきています。

(victorinox)ヴィクトリノックス/キャディバッグの修理

1,ショルダーベルトの状態を確認

(victorinox)ヴィクトリノックス/キャディバッグのショルダーベルト生地解れ

まずは生地の解れ状態を確認します。
ショルダーベルト肩当部分の生地が重なって縫製されているところから生地が解れてきています。この部分はキャディバッグに取り付けた際に上部にくるところで、肩当の中でも特に引っ張られる力が掛かりやすい部分になります。
恐らく引っ張られる力が掛かったことで一番弱いミシン目から生地が解れてきたのかと思われます。

2,今回のお修理方法

(victorinox)ヴィクトリノックス/キャディバッグのショルダーベルト生地解れをバリスティックナイロンで当て布補強

今回は『victorinox』のロゴを残す形で解れている箇所に上から生地を当て布して解れ防止を補強をして修理いたします。
仕様する生地は、既存の生地に近い質感のバリスティックナイロンを使用します。まず当て布する箇所の両サイドを縫製している外巻きを当て布する範囲よりも少し広めに解きます。

ショルダーベルトの破れた生地全体を張替えたお修理事例は、
(キャディバッグ)ショルダーベルト / 生地破れと金具の変形を修理

(victorinox)ヴィクトリノックス/キャディバッグのショルダーベルト生地解れを当て布補強修理

新しい生地から当て布するパーツを作製します。今回は解れ防止と部分的な補強が目的ですのでこのパーツを接着して両サイドの外巻きで縫い込みます。
肩当と縫い付けるのに横方向の縫製をすると今回と同じようにミシン目から生地が解れてくる恐れがありますので接着とサイドの縫製のみとしています。

(victorinox)ヴィクトリノックス/キャディバッグのショルダーベルト生地解れを修理

ロゴが見える箇所で当て布をして外巻きを再縫製しましたら完成です。
当て布を外巻きに縫い込んでいますので引っ張り方向の補強になり、多少伸びても横方向のミシン目は肩当には貫通していないのでそこから解れてくる心配もありません。

3,今回のお修理費用と納期

今回の(victorinox)ヴィクトリノックス/ショルダーベルト当て布補強修理で、費用が8.000円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。