(pathfinder)パスファインダー/キャリーバッグの車輪ベアリング破損を修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、昨日に引き続き(pathfinder)パスファインダーの布製キャリーバッグ修理をご紹介します。
破損状態は、車輪についているベアリングが割れて回転不良を起こしています。

(pathfinder)パスファインダー/キャリーバッグの修理

昨日ご紹介したこちらのキャリーバッグのハンドル修理は、
(pathfinder)パスファインダー/キャリーバッグの持ち手ゴム割れを修理

1,キャスターの状態を確認

まずはキャスターと車輪の状態を確認します。
キャスターの隙間から覗くと車輪の内側に付いているベアリングが割れて中で引っ掛かって車輪が回転しにくくなっているようです。キャスターは特に割れや破損は見られないので車輪のみが破損している状況です。

スーツケースやキャリーバッグのキャスターはよく車輪の回りのゴムタイヤ部分が経年劣化で割れてしまったり、キャスターベースのプラスチック部分が割れてしまう症状はよくありますが、今回のようにベアリングが破損するというのは珍しい症状です。
その分キャスターとゴムタイヤの部分はいいものが使われていることかもしれません。

2,今回のお修理方法

(pathfinder)パスファインダー/キャリーバッグ本体からキャスターを取り外す

今回は車輪のみの破損ですので車輪のみを代替えのパーツに交換をいたします。
キャスターが本体についたままですと車輪のみの交換が出来ない構造になっていますのでまずはバッグ本体からキャスターパーツを取り外します。

(pathfinder)パスファインダー/キャリーバッグのキャスターを留めているボルトナットを外す

内装生地についているファスナーを開けてキャスターの取り付け部分を確認します。
昨日ご紹介したハンドル同様内部から袋ナットで挟み込まれているのでこれらをすべて取り外します。

(pathfinder)パスファインダー/キャリーバッグのキャスターから車輪のみ取り外す

ボルトナットをすべて抜くとキャスターベースごと取り外せますので左右同じ要領で取り外します。
今回、ベアリングの破損は片方でしたが2輪タイプのキャリーバッグは左右ほぼ同じ走行距離を走っているので同じ時期に破損する可能性が高くお客様も2輪とも交換をご希望でしたので左右セットで交換をいたします。

また、代替えの車輪を使用する際に極力近い直径の車輪を使用するのですがどうしても直径が合わない場合もございます。その場合は、1輪だけサイズが異なるとガタツキの原因になりますので2輪もしくは4輪セットでの交換をお勧めしております。

(pathfinder)パスファインダー/キャリーバッグのコマのシャフトを取り外す


ここからキャスターと車輪を解体します。たいていのキャスターは車輪をこのようなシャフトで取り付けてあり、簡単には外れないようになっています。
このシャフトは中空鋲といって筒状の先端を専用の工具で叩いて頭を開くことで挟み込むように固定をするものでかなりしっかりと固定が出来るのですが、解体をする時は大変です。

外す方法は開いた頭部分を削りとるか、もしくはシャフトの途中を切断するという方法になります。
今回のように頭が見えていて加工がしやすそうであれば頭を削り取る方が簡単です。切断する場合は電動ののこぎりを用いて切断をします。車輪交換のDIY動画などで軸をのこぎりで切断するという方法をよく見かけますがかなりの時間と労力を要すると思います。

(pathfinder)パスファインダー/キャリーバッグの車輪軸を外す

頭の開いている部分を取り除くとシャフトの太さ分だけ残りますので、これでシャフトを引き抜くことができます。精度の高いベアリングが使用されているとシャフトのバリなどが残っているとベアリングを通らないので軸の径よりも出ているバリは取り除いておきます。

(pathfinder)パスファインダー/キャリーバッグのキャスターのコマのみを汎用パーツに交換

シャフトを抜くと車輪が取り外せます。これでキャスターと車輪の解体は完了ですので、キャスターのタイヤハウス内を綺麗に拭き取って新しい車輪を取り付ける準備をします。

(pathfinder)パスファインダー/キャリーバッグの車輪交換時にガタツキ防止のスペーサーを入れる

今回はサイズの比較的近い車輪がご用意できましたので特にキャスターベース側の加工は必要ありません。
幅が少し狭く隙間がありましたので左右のガタツキを防止するためワッシャーを入れて幅を調整します。後ほど固定する際に締め付けるのであまり隙間が無さすぎると挟み込まれて回転が硬くなってしまうのでそれを考慮して調整します。

(pathfinder)パスファインダー/キャリーバッグのキャスター車輪破損を取替修理

2個とも車輪の取り付けが完了しました。
今回は中空鋲ではなく両方から挟み込むタイプのネジ式のシャフトを使用いたしました。

(pathfinder)パスファインダー/キャリーバッグの破損したコマを代替えのコマに交換修理

あとは元のようにボルトナットでキャスターを本体に固定して回転の具合をチェックし、問題なければ完成です。

3,今回のお修理費用と納期

(pathfinder)パスファインダー/キャリーバッグの車輪ベアリング割れを修理

今回の(pathfinder)パスファインダー/車輪交換2点で、費用が8.000円(税抜)、納期が約1週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。