(K2)ケーツー/スノーボードケースのキャスター割れを修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は(K2)ケーツーのキャスター付きスノーボードケース修理をご紹介いたします。
破損状態は、キャスターの樹脂カバー部分が割れています。

(K2)ケーツー/スノーボードケースの修理

1,キャスターの状態を確認

(K2)ケーツー/スノーボードケースのキャスターカバー割れ

まずはキャスターの状態を確認します。

2個ついているキャスターのうち片方はカシメ(固定しているビス)付近を残して欠損しており、反対側も黒い樹脂カバーの部分が割れています。
このようなキャリーケースには中に樹脂製の板が入っているのですが、ある程度柔軟に曲がったりするため樹脂板よりも硬いキャスターカバー部分が割れてしまうことがよくあります。
カメラ機材を運搬するキャリーケースの似たような事例☞(TOKISTAR)トキスター/照明機材ケースのキャスター破損を修理

かといって中枠を柔軟性のない硬い素材にすればいいかというと、そうすると中枠が割れてしまいます。
やはり柔軟性のある中枠に外側から硬いパーツで要所を固定する構造が、使いやすさ、軽量化、製造コストなどの面で優れているのかと思われます。

2,今回のお修理方法

(K2)ケーツー/スノーボードケースの内装生地

今回は破損しているキャスターを左右セットで交換をしてお修理させて頂きます。

まずはキャスターを固定しているカシメを外す為ケースの内側を開いていきます。

(K2)ケーツー/スノーボードケースの内装解体

ほとんどのキャリーバッグやスーツケースは、部品の交換を容易にするため内装にファスナーが付いていたり、マジックテープで開閉ができるようになっています。
こちらのスノーボードケースもマジックテープで数箇所固定されていました。

開くとこのように中板にキャスターや底脚などの部品を固定しているカシメが見えます。このカシメは製造時に専用の機械で叩き潰すようにして固定されていますので、外す際はニッパーやくい切りといった工具を利用してカシメの軸を切断するか、ドリル刃で軸の開いている頭部分を削り落として外します。

(K2)ケーツー/スノーボードケースの車輪破損の交換に使用する代替え部品

カシメを抜くとキャスターが取り外せます。
右が取り外したパーツで左は今回ご用意した代替えのキャスターです。車輪が透明のものから黒色に変わります。
透明の車輪を別で用意して付け替えることも可能ですが、今回は費用を抑えるため黒色の車輪をお選びいただきました。

(K2)ケーツー/スノーボードケースのキャスターカシメ留め

新しいキャスターはちょうど元のキャスターと穴の位置が同じでしたので元の穴を利用します。
固定する方法は元と同じようにカシメで固定します。穴は一度カシメを外すとほんの若干は穴が拡がっていますので、念のため補強を兼ねて径の大きな樹脂ワッシャーを挟んでおきます。

(K2)ケーツー/スノーボードケースのキャスター割れを修理

左右とも固定ができましたら内装を元のように閉じて、内部の清掃をしてキャスターの動きをチェックして完成です。

3,今回のお修理費用と納期

(K2)ケーツー/スノーボードケースのキャスター交換修理

今回の(K2)ケーツー/スノーボードケースのキャスター交換(左右セット)で、費用が8,500円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。