(PORTER)ポーター / ボストンバッグのハンドル根本解れを再縫製して修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますBOND repair / ボンドリペアと申します。

今回は、(PORTER)ポーターのボストンバッグ修理をご紹介します。
破損状態はハンドル根本の生地の繋ぎ目がほつれて破れたようになっています。

(PORTER)ポーター / ボストンバッグの修理

1,ほつれ具合と付近の生地の状態を確認

(PORTER)ポーター / ボストンバッグのハンドル根本を修理する

まずは生地の解れ具合を確認していきます。

(PORTER)ポーター / ボストンバッグのハンドル根本の生地破れ

正面の生地とマチ生地の繋ぎ目を境にほつれています。
荷物を入れた状態でハンドルを持つと一番負荷のかかりやすい部分になるのでこの部分のほつれはよく見られる症状です。

2,今回のお修理方法

今回は生地の解れもそこまで広範囲には広がっていないのでほつれている箇所の生地を奥に詰めて再縫製をします。

(PORTER)ポーター / ボストンバッグのハンドル根本がほつれている

最初にほつれている箇所付近の縫製をほどいていきます。

(PORTER)ポーター / ボストンバッグの内装をまとめている内巻きテープ

裏側を見てみるとこのように黒いテープで巻いて縫製がされていますのでこの部分をほどいていきます。

(PORTER)ポーター / ボストンバッグのほつれている箇所付近の内装を解体する

テープを解いて正面とマチ生地に分けます。
さらに解体していきます。

(PORTER)ポーター / ボストンバッグの内装を一部解体する

マチ生地側の解れなのでマチ生地をさらに表、中綿、裏生地に分かれるように縫製をほどきます。

(PORTER)ポーター / ボストンバッグの解れ部分をゴムのりで補強

それぞれに分けれたら生地のほつれている部分にゴムのりを塗布してひたすらほつれてくるのを防止します。

(PORTER)ポーター / ボストンバッグの内巻きテープをほどいたところ

あとはほつれている部分を奥に詰めるようにして生地がほつれていない所にミシン目が通るようにします。

(PORTER)ポーター / ボストンバッグの内巻きテープを再縫製

元通りに内巻きテープも縫製をします。

(PORTER)ポーター / ボストンバッグのハンドル根本解れを再縫製して修理

表側から確認して問題がなければ完成です。
バッグの構造やデザインによってほつれやすい部分はどうしても出てきますね。

(PORTER)ポーター / ボストンバッグの解れ部分を奥に詰めて再縫製する修理

3,今回のお修理費用

今回の(PORTER)ポーター / ボストンバッグのハンドル根本ほつれ修理で、2.500円(税抜き)でした。
※似たような症状でもお鞄の構造や付近の状態により納期や価格は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン@からお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。