(adabat)アダバット/キャディバッグフードのホック穴拡がりを革で補強修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、(adabat)アダバットのキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状態は、フードカバーのホック取付け穴が拡がってホックが抜けてしまっています。

(adabat)アダバット/キャディバッグの修理

本体側のホックが外れた修理事例は、
(TUMI)トゥミ/キャディバッグのフードと本体を繋ぐホック外れの修理

1,状態の確認

(adabat)アダバット/キャディバッグフードのホック外れ

まずはフードカバーの状態を確認します。
フードカバーに4箇所ついているホックのうち2箇所が外れてなくなっています。

(adabat)アダバット/キャディバッグフードのホック穴破れ

さらにそのうちの1箇所は生地のホック取付け穴がほつれて拡がってきています。

2,今回のお修理方法

(adabat)アダバット/キャディバッグフードのホック穴が拡がった生地の補強

今回はホックの交換と穴が拡がっている方は生地に革を当てて補強してからホックを取付けいたします。

革は生地の光沢感に合わせて少し光沢のある黒色の革を使用します。

(adabat)アダバット/キャディバッグフードのホック穴を補強する革をサークルカッターで切り出す

ホックの頭よりも少し大きめに革を当てますのでサークルカッターを使用して丸い形に切り出します。

(adabat)アダバット/キャディバッグフードのホック穴補強用の革パッチ

切り出した革に少し加工をします。

(adabat)アダバット/キャディバッグフードのホック取付け穴補強用の革パッチを作製

縫製する箇所に目打ちで穴を開けておきます。
ミシンで縫製するのですが小さい丸を縫う時はこのように予め縫う位置を決めた方が綺麗に仕上がるような気がします。

センターにホックを付ける穴も空けておきます。

(adabat)アダバット/キャディバッグフードの拡がったホック取付穴に革を当てて補強

出来上がった革パッチをフードに縫い付けます。
裏側には樹脂製のワッシャーを挟むので生地の補強は表側のみです。

(adabat)アダバット/キャディバッグフードのホック取付け穴を革で補強

ホックを当てるとこんな感じになります。
ホック全体に革が当たっているのでしっかりとします。

(adabat)アダバット/キャディバッグフードのホックをワッシャーで補強して取替

裏側には樹脂製のワッシャーを入れてホックを取付けます。
ホック取付け穴がそこまで拡がっていない箇所もこのワッシャーを入れてホックを取付けておきます。

(adabat)アダバット/キャディバッグフードの穴が拡がった生地に革を当てて補強してホック取付

これで完成です。

(adabat)アダバット/キャディバッグフードの生地破れを補強してホック交換

3,今回のお修理費用と納期

今回のフードホック交換2個と取付け穴の補強1箇所で、費用が6.000円(税抜)、納期が約1週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン@からお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。