(ZIPANG STUDIO)琉球ゴルフ/キャディバッグのちぎれたハンドルとベルトを交換

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、(ZIPANG STUDIO)琉球ゴルフのキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状態は、ハンドルを固定しているベルトとハンドルがちぎれて外れてしまっています。

(ZIPANG STUDIO)琉球ゴルフ/キャディバッグの修理

1,状態の確認

(ZIPANG STUDIO)琉球ゴルフ/キャディバッグのハンドル上部ベルト破れ修理

まずはそれぞれの破損状態を確認します。

こちらはハンドルを本体に固定していたベルトです。
輪っかになってハンドルを支えてカシメ2本で固定されていたようですが、片方の端が切れてしまっています。

この部分はベルポーレンという樹脂板が使用されていることが多いのですが、経年劣化で素材が硬化して割れてしまうことがよくあります。
さすがにデニム生地だけではクラブを入れたキャディバッグを支えることはできません。

(ZIPANG STUDIO)琉球ゴルフ/キャディバッグのハンドルハーネスの芯材割れとデニム生地破れ

こちらはハンドルです。
ベルトと同じように芯材の樹脂パイプが割れて表のデニム生地も破れてしまっています。

2,今回のお修理方法

(ZIPANG STUDIO)琉球ゴルフ/キャディバッグの口枠を固定しているカシメを抜く

今回はハンドルとベルトをセットで新しく作製をして交換いたします。
ベルトのカシメを打ち換える必要がありますのでまずは口枠を解体します。
外周のカシメをすべて抜いて、

(ZIPANG STUDIO)琉球ゴルフ/キャディバッグの口枠を解体する

口枠を取り外します。
琉球ゴルフやOGIOなどのキャディバッグによく見られるのですが、このカシメの表面にデザインが刻印されていることがあります。
カシメは叩き潰して固定をしている為一度外すと再利用ができません。
似たようなサイズのカシメを使用しますが刻印のない無地のカシメになります。

(ZIPANG STUDIO)琉球ゴルフ/キャディバッグのハンドル上部ベルト切れ

外したベルトです。
このベルトのサイズを元に新しくベルトを作製します。

(ZIPANG STUDIO)琉球ゴルフ/キャディバッグのハンドル上のベルトを作り直す

今回はベルトの芯材にベルポーレンではなく経年変化の少ないテープを使用します。
ショルダーベルトなどのも使用されるテープですので引っ張り強度にも優れています。

(ZIPANG STUDIO)琉球ゴルフ/キャディバッグのハンドルを固定するベルトの芯材

さらに強度を持たせるために2重にして使用します。

(ZIPANG STUDIO)琉球ゴルフ/キャディバッグのハンドルを固定するベルトの作製

代替のデニム生地を巻いて両サイドを縫製します。
これでベルトは完成です。

(ZIPANG STUDIO)琉球ゴルフ/キャディバッグの切れた持ち手を取り外す

次にハンドルを取り外します。
下側は角カンに巻いて縫製して固定されていましたのでそこの縫製を解いてハンドルを取り外します。

(ZIPANG STUDIO)琉球ゴルフ/キャディバッグのちぎれたハンドルを解体

グリップ部分の革バンドは再利用しますので取り外してハンドルを解体します。
芯材も新しく作り直します。

(ZIPANG STUDIO)琉球ゴルフ/キャディバッグのハンドル芯材

ハンドルの芯材にはベルトと同じくテープと樹脂パイプの代わりに麻のロープを入れます。
テープはさらに厚手のものを使用します。

(ZIPANG STUDIO)琉球ゴルフ/キャディバッグのハンドルベルトを代替のデニム生地で作り直し

先ほどと同じ代替のデニム生地を巻いてハンドルハーネスを作っていきます。

(ZIPANG STUDIO)琉球ゴルフ/キャディバッグのハンドル持ち手を作り直す

出来上がったハンドルに持ち手の革バンドを縫製してハンドルも完成です。

(ZIPANG STUDIO)琉球ゴルフ/キャディバッグの切れてしまったハンドルを固定するベルトを作製交換

ハンドルとベルトを元の位置に取付けをして口枠もカシメ留めをしてベルトを固定します。

(ZIPANG STUDIO)琉球ゴルフ/キャディバッグの切れたハンドルベルトを新たに作り直して取替

ハンドル下は元と同じように縫製をして角カンに固定します。

(ZIPANG STUDIO)琉球ゴルフ/キャディバッグのちぎれたハンドルとベルトを新しく作製交換

これで完成です。
今回は比較的デニムの風合いが近いものをご用意できたので代替生地ではありますが違和感なく仕上がりました。

3,今回のお修理費用と納期

今回のハンドルとベルトの作製交換で、費用が20.000円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン@からお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。