(BELDING)ベルディング/キャディバッグの切れかけたハンドルベルトを修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は(BELDING)ベルディングのキャディバッグ修理をご紹介いたします。
状態は、ハンドルのベルト部分が端から切れかかっています。

(BELDING)ベルディング/キャディバッグの修理

1,ハンドルの状態を確認

(BELDING)ベルディング/キャディバッグのハンドルベルト切れ

まずはハンドル全体の状態を確認します。
大切にご使用されているようでバッグも持ち手部分も全体的にキレイな状態です。

(BELDING)ベルディング/キャディバッグの持ち手ベルトが切れかけている

持ち手の付け根を本体に縫製している付近からベルトが切れてきています。
元々ハンドルやショルダーベルト付近は負荷が掛かる箇所のため破損が多い部位ですが、このようなミシン目の近くは特に切れやすい部分になります。

カシメで固定しているタイプの方がハンドルベルトへの負担は少ないように思いますが、そうなると本体側への負担が増えて取付穴が拡がって外れてしまうケースもよく見られます。
(BURBERRY)バーバリー/キャディバッグのハンドル外れと本体穴あきの修理

2,今回のお修理方法

(BELDING)ベルディング/キャディバッグの口枠を解体

今回はハンドルベルトを新しく作製して交換をさせて頂きます。
出来る限り元の状態を残す為キレイなグリップ部分などは再利用をさせて頂きます。

ハンドルを取り外すため順に解体をしていきます。まずは口枠を取り外します。

(BELDING)ベルディング/キャディバッグのハンドルを解体

口枠を外しましたらハンドルを本体に縫い付けている縫製を解きます。
ハンドルを本体から外してさらにベルトとグリップに解体します。

(BELDING)ベルディング/キャディバッグのハンドルベルトを代替えのPVCで作製

ベルト部分は質感の近いPVCを使用いたします。
今回は比較的近い風合いのものがございましたのでこちらで新しく作製していきます。

(BELDING)ベルディング/キャディバッグのハンドルベルトを補強して作製

中に入っているクッション材はまだしっかりとしていましたのでこちらも再利用いたします。
元のハンドルを解体したものから新しい生地に型を写して組み立てます。

(BELDING)ベルディング/キャディバッグのハンドルベルトをいちから作製

元々入っていた芯材が薄かったので今回はショルダーベルトなどに使用されている厚手のテープを裏側に1枚と内部に2枚入れて補強をいたします。

(BELDING)ベルディング/キャディバッグの口枠組み付け

ハンドルを固定しましたら口枠を組み立てて完成です。

(BELDING)ベルディング/キャディバッグの切れかけたハンドルベルトを修理

今回はベルトが切れてきた要因に縫製のミシン目も関係していましたので、新しいベルトはカシメで固定をいたしました。
これで取り付け部、ベルトともに補強されていますのでベルトが切れる心配は少なくなったかと思います。

3,今回のお修理費用と納期

(BELDING)ベルディング/ハンドルの切れかけたベルトを新しく作製交換

今回の(BELDING)ベルディング/ハンドルベルトの作製交換で、費用が22.000円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用する部品などにより費用や納期は変動いたします。

全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。