(SCUBAPRO)スキューバプロ/ダイビング機材バッグの切れたベルトを修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は(SCUBAPRO)スキューバプロのダイビング機材用のキャリーバッグ修理をご紹介します。
破損状態は、外装に付いているバッグを締めるベルトが根元で切れてしまっています。

(SCUBAPRO)スキューバプロ/ダイビング機材バッグの修理

1,ベルト付近の状態を確認

(SCUBAPRO)スキューバプロ/ダイビング機材キャリーケースの外装ベルト切れ

まずは破損しているベルト付近の状態を確認します。
見たところベルトの根元、本体にベルトを縫製しているミシン目から切れてしまっています。

ウェットスーツやスキューバダイビングの機材は重量があり、それらを収納したバッグを立てたり寝かしたり移動をしている間に荷物が動いてしまいます。
それを軽減する為に収納量に合わせてこのようなベルトで締め込むような構造になっています。スーツケースの内部についているクロスベルトやスノーボードケースの外装に付いているベルトも同じような枠割を担っています。

そのためこのベルトには締めている時は常に引っ張られている状態なので負荷が掛かり破損しやすい箇所になります。
(RIMOWA)リモワ/2輪サルサの解れた内装ベルトを交換

2,今回のお修理方法

(SCUBAPRO)スキューバプロ/ダイビング機材キャリーケースの外装ベルトを新しく取替

今回は切れたベルトを新しいベルトに交換をしてお修理させて頂きます。

まず切れたベルトから元の長さを計って新しいベルトを用意します。

(SCUBAPRO)スキューバプロ/ダイビング機材キャリーケースのベルトを交換

縫い付ける位置を確認して新しく縫製する糸が掛かる部分はベルトを2重にしておきます。テープを切った端の解れ防止と縫い目の補強を兼ねてこのようにします。

(SCUBAPRO)スキューバプロ/ダイビング機材バッグの外装ベルトを交換

新しいテープを接着して本体に縫い付けます。

(SCUBAPRO)スキューバプロ/ダイビング機材バッグのベルトプラバックル

今回プラバックルは切れたベルトに残っていて破損も無かったのでそのまま新しいベルトに通して再利用いたします。
このバックルはオスメスの相性があるのでどちらかが破損していて形状が合うものがなければセットで交換する必要があります。

プラバックルを通したらベルトの端を反対と同じように解れ防止のため折り返えして縫製します。
これでお修理は完成です。

3,今回のお修理費用と納期

(SCUBAPRO)スキューバプロ/ダイビング機材バッグの切れたベルトを修理

今回の(SCUBAPRO)スキューバプロ/ダイビング機材バッグの外装ベルト交換で、費用が4.000円(税抜)、納期が約1週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。