(BRIEFING×BEAMS)ブリーフィング×ビームス/キャディバッグのハンドルが抜けた修理事例

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、(BRIEFING×BEAMS)ブリーフィング×ビームスのキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状態は、ハンドルの下が本体から抜けてしまっています。

(BRIEFING×BEAMS)ブリーフィング×ビームス/キャディバッグのハンドル修理

1,ハンドルが抜けた原因と状態の確認

(BRIEFING×BEAMS)ブリーフィング×ビームス/キャディバッグのハンドルが抜けている

まずはハンドルが抜けた原因を探ります。
ハンドルベルトを見るとカシメ(直径1cm程度の黒い金具)が付いています。
これは本来キャディバッグ本体とハンドルベルトを貫通して留めているので、このカシメがハンドルベルト側についているということは本体側の穴が拡がってカシメごと抜けてしまったものと思われます。

(BRIEFING×BEAMS)ブリーフィング×ビームス/キャディバッグのハンドルを固定している穴が拡がって抜けている

本体側のカシメ取付け部分を見てみると穴が少し拡がっているようです。
内側も同様に穴が拡がっているのが確認できましたので、今回の原因は重さに耐えきれず本体側のカシメ取付穴が拡がって抜けてしまったようです。

2,今回のお修理方法

(BRIEFING×BEAMS)ブリーフィング×ビームス/キャディバッグのハンドル固定部分の内部補強

今回は抜けてしまったカシメ穴を補強して再取付をいたします。
ハンドルベルトと本体がしっかりと固定できるように内側のカシメ穴付近に補強板を入れます。

中に筒が入っているタイプのキャディバッグで筒に使用されているベルポーレンという樹脂板を使って補強板を作製します。

(BRIEFING×BEAMS)ブリーフィング×ビームス/キャディバッグのハンドル固定部分の内部補強

これをカシメ穴に当てて新しいカシメでハンドルを固定し直します。
写真にもありますが軸となっている芯棒がありカシメが打ち難いので一度口枠と仕切りを取り外してカシメを固定してから再度組立を行います。

(BRIEFING×BEAMS)ブリーフィング×ビームス/キャディバッグの外れたハンドルを補強再取付

これで完成です。

3,今回のお修理費用と納期

今回のハンドル取付穴の補強と再取付で、費用が8.000円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。