(BRIEFING×BEAMS)ブリーフィング×ビームス/キャディバッグの底まで続く仕切り生地の解れを補強して再縫製する修理

こんにちは。
大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますBOND repair / ボンドリペアと申します。

今回は、(BRIEFING)ブリーフィングのキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状況は、クラブを入れた際に内部を仕切る底まで続いている生地が解れてクラブを出す時に絡まって一緒に出てきてしまいます。

(BRIEFING)ブリーフィング/キャディバッグのセパレーター修理

同じく(BRIEFING)ブリーフィングのキャディバッグで上部仕切り生地の破れを張替えたお修理事例は、
(BRIEFING×BEAMS)ブリーフィング×ビームス / キャディバッグの口枠とセパレーターの破れた生地を張替修理

1,状態と構造の確認

仕切り生地の破れ具合と構造を確認していきます。
以前に同型のキャディバッグを解体しているので差はないとは思いますが、外観が同じでもロットにより構造が変わっていることがありますので念のため解体の工程などを確認します。

(BRIEFING)ブリーフィング/キャディバッグの仕切り生地破れを補修

中の仕切りは1区画の下3分の2程度、1区画の下約10cm程度の2箇所が解れています。

2,今回のお修理方法

生地の解れ生地同士を縫製しているところから解れているので部分的に繋ぎ目の補強をして修理をします。

(BRIEFING)ブリーフィング/キャディバッグの仕切りを解体する

まずは口枠の解体から。
口枠の生地は内周側にマジックテープで固定されているのでそれをめくると本体と口枠を固定しているカシメが見えます。
それらをすべて取り外していきます。これが結構大変で、ニッパーやくい切りなどを使って外します。

(BRIEFING)ブリーフィング/キャディバッグの口枠を解体する

すべて外した状態がこちら。
あとは仕切りを底に固定しているカシメ2本を外すとセパレーターごと抜き取ることができます。

(BRIEFING)ブリーフィング/キャディバッグのセパレーター内部生地の破れを直す

内部の仕切り生地はナイロン地の薄手の生地が使われており解れやすいようです。
今回は解れ具合を見て部分的に補強をして再縫製でお修理をします。

(BRIEFING)ブリーフィング/キャディバッグの底まで続く仕切り生地の解れを補強して再縫製する修理

出来上がった仕切りがこんな感じです。
生地同士を縫製しているところにバッグの内巻きなどで使用するアクリルテープを縫い付けて繋ぎ目の補強をしました。

(BRIEFING)ブリーフィング/キャディバッグのセパレーター内部生地の破れを当て布補強して再縫製

生地がほつれるところは通常に使用していて負荷が掛かりやすいところなので元よりも少しでも強度を保てる方法でお修理方法を考えさせて頂きます。
あとはこれを本体に組み付けて完成です。

(BRIEFING)ブリーフィング/キャディバッグのファスナー引手をすべて交換

今回、同じお鞄でファスナーの引手が既存のものだとすぐに取れてしまうということで代替の引手にすべて交換させて頂きました。
元のものはヒモを結んだだけのような作りなので結び目が解けてしまうようです。

3,今回のお修理費用と納期

今回の内部仕切り生地の補強再縫製で、費用が10.000円(税抜)、納期が約3週間でした。
ファスナーの引手交換は全7箇所で、費用が2.500円(税抜)、納期は上記内容と含めて約3週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や構造によって費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン@からお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。