(CLUBER BASE)クラバーベース/キャディバッグが傾いて倒れてしまう症状の修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、(CLUBER BASE)クラバーベースのキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状況は、キャディバッグ全体が歪んでいてクラブを入れると傾いて倒れてしまいます。

(CLUBER BASE)クラバーベース/キャディバッグの修理

似たような修理事例は、
(noisy noisy)ノイジーノイジー/自立しなくなったキャディバッグの中筒修理

1,傾いている原因と各部位の状態確認

(CLUBER BASE)クラバーベース/キャディバッグが自立しなくなった

まずは傾いている原因を探ります。
細長いキャディバッグが自立するのは底にしっかりとしたベースがあって、さらに縦の形を保つ芯が通っているためです。
この芯の種類には大まかに分けて2種類あり、キャディバッグの内周に2~4本の丸棒が入っているタイプと内周全体に樹脂製の筒が入っているタイプになります。

今回お預かりしたものは中に筒が入っているタイプで、この自立しなくなる症状は中筒タイプによく見られる症状です。
中を見てみると変形して数箇所亀裂は入っていました。
底のベース部分は少し削れて摩耗しているものの割れたり自立できないような破損は見られませんでした。

2,今回のお修理方法

中筒の凹みや変形は、割れていなければ整形をしてお修理出来る場合もありますが凹みクセが付いてしまっている場合は割れていなくても整形ではお修理出来ない場合もございます。

今回は筒に亀裂も入っているので既存の筒を出来る限り整形をして、さらに内側に新たに筒を追加して全体を補強いたします。

(CLUBER BASE)クラバーベース/キャディバッグの仕切りベルトを外す

というわけでまずは中筒を入れれる状態まで解体をしていきます。
最初に仕切りを固定しているベルトを抜きます。
ほとんどはバックルの跡が残っているので判断がつきますが、組み立てる際に向きを間違えないように解体する前には写真を撮っておきます。

(CLUBER BASE)クラバーベース/キャディバッグのセパレーターを取り外す

セパレーターを取り外した状態。
このままでも中筒を入れれそうですが筒を入れるだけでは本体と固定されていない上に筒の切り口が表に出た状態になりクラブを入れる時に引っ掛かってしまいます。

(CLUBER BASE)クラバーベース/キャディバッグのDカン根革を留めているカシメを抜く

ですので口枠を一度取り外して新たに入れる筒を挟み込むようにして縫製と固定をします。
ショルダーベルトを付けるDカンの根革のカシメを本体に掛かっている下2本だけ抜きます。

(CLUBER BASE)クラバーベース/キャディバッグの口枠周りを解体する

裏側から見るとこんな感じです。
中筒に口枠の生地が被さっているのが見えます。

(CLUBER BASE)クラバーベース/キャディバッグの口枠外周のカシメを取り外す

他にも口枠と本体に掛かっているカシメを抜いていきます。

(CLUBER BASE)クラバーベース/キャディバッグの口枠の縫製を解く

カシメを抜いたら口枠と本体を縫製している糸を解いていきます。
だいたいこの下側の糸が多いですが間違えると縫う場所が増えてしまうので内周の下糸を先に切って確認をします。

(CLUBER BASE)クラバーベース/キャディバッグの口枠を本体から取り外す

縫製を1周解くと本体から口枠が取り外せます。
口枠の縫製を解くと一緒に縫われているタオル掛けなども外れてしまうのでマスキングなどで固定をしてから縫製を解きます。
それでも作業中に外れる可能性もあるのでここも写真を撮っておきます。

(CLUBER BASE)クラバーベース/キャディバッグの凹んだ中筒に2mm厚のベルポーレンで補強

いよいよ今回の修理箇所、中筒の補強です。
今回使用するのは既存の中筒の状態を考慮して、2mm厚のベルポーレンを入れます。
だいたい1.5mmか2mmのどちらかを使用します。

(CLUBER BASE)クラバーベース/キャディバッグの中筒追加補強

底までしっかり入っているか確認して上のはみ出しているところと筒の重なっているところは少し余裕を残してカットします。

(CLUBER BASE)クラバーベース/キャディバッグの口枠外周の縫製

口枠を元の位置に合わせてはめ込み各部の縫製をしていきます。
この時周りのパーツを外している場合は付け忘れないように再度確認をして1針ずつ元のミシン穴を辿って縫製していきます。

(CLUBER BASE)クラバーベース/キャディバッグが傾いて倒れてしまう症状の修理事例

縫製が終わったら外したカシメを新しく打ち直して完成です。

3,今回のお修理費用と納期

今回の中筒補強修理で、費用が19.000円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン@からお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。