(MASTER BUNNY)マスターバニー/キャディバッグフードのファスナー解れ修正とスライダー脱線を修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、(MASTER BUNNY)マスターバニーのキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状況は、フードカバーのファスナー上部の端が解れていて、下のスライダー留め金具も無くなりスライダーがファスナーから脱線しています。

(MASTER BUNNY)マスターバニー/キャディバッグの修理

ファスナーレール(エレメント)が破損している修理事例は、
(キャディバッグ)フードカバーのファスナーコイル解れを手縫いで補修
(キャディバッグ)ゴルフバッグ/フードカバーのコイルが破損したファスナーを交換修理

1,ファスナーとスライダーの状態を確認

(MASTER BUNNY)マスターバニー/キャディバッグフードカバーのファスナーが解れている

まずはファスナーの破損状態を確認します。
上部の端が解れてスライダーが抜けてしまう状態になっています。

見た所ファスナーエレメント(レール部分)には破損は無さそうなのでこの部分の解れを直せばファスナーは問題なさそうです。

(MASTER BUNNY)マスターバニー/キャディバッグフードカバーのスライダーがファスナーエレメントから脱線している

下のスライダーが脱線している箇所も確認します。
こちらはファスナーの端に付いているストッパーの金具が片方外れています。

スライダーを確認したところ特に開きもなく不具合はないので、脱線した理由はこの留め金具が無くなったことによってスライダーが端から抜けてしまったようです。

2,今回のお修理方法

今回はファスナーレールの解れもかろうじて修正で直せる範囲ですので、解れ部分の再縫製と補強、下のスライダー再取付と留め金具の取付でお修理をいたします。

(MASTER BUNNY)マスターバニー/キャディバッグフードカバーのスライダー留め金具を取り外す

まずはスライダーを取り外すため残っている方の留め金具を外します。
こちらは片方とデザインを揃えるため左右セットで交換します。

(MASTER BUNNY)マスターバニー/キャディバッグフードの外巻きを解く

ファスナーのヘリ巻きを解いてスライダーが抜ける状態にします。

(MASTER BUNNY)マスターバニー/キャディバッグフードカバーのスライダーを取り外す

外したスライダー。念のため再度不良がないかを確認しておきます。

(MASTER BUNNY)マスターバニー/キャディバッグフードを裏返して内巻きを解く

ファスナー上部の解れ箇所を再縫製するため、フードカバーを裏返して内巻きを解きます。
解れているところを縫製するにも付近を少し解体した方が確実に縫い直すことができます。

(MASTER BUNNY)マスターバニー/キャディバッグフードのファスナー端の解れを再縫製

この部分は、背面表地・マチ表地・背面裏地・マチ裏地・内巻き・ファスナーなどが縫い合わされている部分で細かく入り組んでいるので手縫いで縫製します。

(MASTER BUNNY)マスターバニー/キャディバッグフードのファスナー解れを手縫いで修正

ファスナーのエレメントが解れていたところを内巻きテープで隠れるところまで上にずらして縫製をしました。

(MASTER BUNNY)マスターバニー/キャディバッグフードのファスナー解れ修正後

縫製が終わったら表に返して確認します。
解れ部分は隠れて分からなくなっています。

(MASTER BUNNY)マスターバニー/キャディバッグフードのスライダー留めを新たに取付

ただ解れていたファスナーの際もやはり少し弱っていそうなので補助としてスライダー留め金具をつけてファスナーを補強しておきます。

(MASTER BUNNY)マスターバニー/キャディバッグフードのスライダーを再取付

上部の解れ修正が終わったら下からスライダーを入れて動きの確認をします。

(MASTER BUNNY)マスターバニー/キャディバッグフードのヘリ巻き縫製

スライダーの動きファスナーのズレを確認して問題なければ下も組み立てていきます。
ヘリ巻きを縫製し直して、

(MASTER BUNNY)マスターバニー/キャディバッグフードのスライダーストッパー取付

新しいスライダー留め金具を取付けます。

(MASTER BUNNY)マスターバニー/キャディバッグフードのファスナー解れ修正

これで完成です。

(MASTER BUNNY)マスターバニー/キャディバッグフードのファスナー解れ修正とスライダー脱線修理

3,今回のお修理費用と納期

今回のファスナーエンド解れ修正とスライダーの脱線修正で、費用が4.500円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン@からお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。