(EMILLID BAHAMA)エミリッドバハマ/キャディバッグのフードカバー生地破れを修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は(EMILLID BAHAMA)エミリッドバハマのキャディバッグ修理をご紹介いたします。
破損状態は、フードカバーのエナメル生地が硬化して全体的に割れや破れがあります。

(EMILLID BAHAMA)エミリッドバハマ/キャディバッグの修理

1,生地の状態を確認

(EMILLID BAHAMA)エミリッドバハマ/キャディバッグのフードカバーエナメル生地の割れ

まずはフードカバー全体の生地の状態を確認します。
触った時点でも分かるのですが、通常のエナメル生地よりも表面が硬くパリパリした手触りになっています。エナメル生地は皮革の表面をウレタン樹脂でコーティングしたもので、皮革同様に湿気などの水分によって劣化してしまうことがあります。

(EMILLID BAHAMA)エミリッドバハマ/キャディバッグのフードカバー生地破れ

布地のような破れとは異なりヒビが入って割れているような感じです。

(EMILLID BAHAMA)エミリッドバハマ/キャディバッグのフードカバーロゴ刺繍

背面には『EMILLID BAHAMA』のロゴが刺繍されていますがその周りは今のところ激しい破れや割れはありませんでした。

2,今回のお修理方法

(EMILLID BAHAMA)エミリッドバハマ/キャディバッグのフードカバー生地破れを修理

今回はフードカバーの生地が全体的に劣化して割れや破れが発生していましたので部分的な補修は困難と判断し、フードカバーを新しく作り直しをさせて頂く方法をご提案させて頂きました。

キャディバッグに使用されている生地はメーカーが各モデルごとに生地屋さんに発注をしており、同じような生地はご用意できない場合が多くあります。そのような場合は代替えの生地に張替えをさせて頂いております。
キャディバッグのフードカバーの生地がボロボロと剥がれてくる症状を修理する方法

今回は白色無地のエナメル生地でしたので比較的近い質感のものがご用意できました。

(EMILLID BAHAMA)エミリッドバハマ/キャディバッグのフードカバーを新しく作り直し

背面にあった刺繍はロゴの形状が複雑でしたので当初は無地になります。とお見積もりをさせて頂きましたが、所有者様のご希望でなんとか刺繍を移す方法はないかということで検討させて頂いた結果、ロゴ刺繍の回りを生地ごと切り出してヘリにテープを巻いて補強したものを新しいフードカバーに縫い付ける方法をご提案させて頂きました。

以前にも似たような事例でフードカバーを新しく作り直して刺繍を移設させて頂いたことがあるのですが、その際は刺繍の形状がシンプルで綺麗に刺繍の外郭で切り出すことが出来ましたのでワッペンのようにして移設が出来ました。
(KitKat)キットカット/キャディバッグフードのロゴ刺繍回りの生地破れを修理

これらは刺繍や生地の状態、デザインによって可否や方法が異なりますので都度状態を確認した上でのお見積となります。

3,エナメル生地のメンテナンス方法

今回ご紹介したようなエネメル生地の劣化を少しでも軽減する為の方法をご紹介いたします。
バッグや靴などによく使われているエナメル生地ですので雨や紫外線に晒されるため日々のメンテナンスが生地の寿命を延ばす重要な要因になります。

今回はドイツのレザーケアブランド『コロニル』でご紹介されているメンテナンス方法をご紹介いたします。
●コロニル. 「エナメル製品のお手入れ方法や、ベタつきなどトラブルの原因 …」
 https://www.collonil.jp/knowledge/447(参照 2021/6/23)

①表面についているホコリを落とす

キャディバッグについている細かい付属品(ネームタグ、ショルダーベルトなど)は外しておきます。
全体の表面についているホコリをブラシで優しく払い落とします。

ここでは毛の柔らかめな馬毛がお勧めです。

②表皮に付着した汚れを落とす

クリーナーをウエスなどの柔らかい布に適量付けて全体の汚れを落とします。着なくなった肌着を置いておくとこのような際に便利です。

全体に塗り拡げながら汚れを落としたら少し乾かせてウエスの綺麗なところで乾拭きをします。

頑固な汚れや筋などが残る場合は『ソフトガミ』という消しゴムのようなもので擦り落とします。この時もゴシゴシと力を入れずに優しく表面を擦ります。

③防水処理を施して加水分解を予防する

今回のようなエナメル生地表面が硬化して割れてくる原因のひとつとして生地が水分を含んで化学変化を起こす『加水分解』というものがあります。
これを予防する為表面に膜を作って防水処理をします。

全体にまんべんなく防水スプレーを塗布します。
乾いたら先ほどと同様にウエスの綺麗な部分で乾拭きをします。

④保護膜を作り艶出しを行う

最後にもう1層保護膜を作り同時に艶出し効果のあるポリッシュ剤を塗り込みます。

こちらも全体にまんべんなく塗り拡げて乾いたらウエスで拭き取り完成です。

3,今回のお修理費用と納期

(EMILLID BAHAMA)エミリッドバハマ/キャディバッグのフードカバーの刺繍を移設

今回の(EMILLID BAHAMA)エミリッドバハマ/フードカバーの作り直しと刺繍の移設で、費用がフード作製20.000円+刺繍移設4.000円の合計24.000円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用する部品などにより費用や納期は変動いたします。

全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。