キャディバッグのフードカバーの生地がボロボロと剥がれてくる症状を修理する方法

※今回の症状は合皮(ビニールレザー)を使用しているキャディバッグを対象として記載しております。

 

長年使用していなかったキャディバッグを押し入れから出してきたら、なんかベタベタする。前回使用してそのまま1年ぐらい保管していたら表面がボロボロめくれてくる。。
なんて経験はございませんか?

今回はそのような症状になる原因や修理方法、再発の軽減方法をご紹介いたします。

 

フードカバー生地の劣化
 
 
 

1,キャディバッグフードカバーの生地がボロボロと剥がれてくる症状。修理が出来るものなのか

 

結論から申しますと、修理は可能です。
ただ、この症状の場合、ボロボロになっている部分の生地を丸ごと交換する必要がございます。

 

2,生地がボロボロになる原因

 

フードカバーの表面がボロボロとめくれてくるのは『加水分解』という現象で、空気中の水分や前回使用した際に付着した水分と生地とが科学反応を起こして見られる症状です。

 

3,修理方法

 

修理の方法は先述の通りボロボロになっている部分の生地を張替える方法になります。
ほんの少しだけめくれているだけであればその部分のみ接着材で抑えパテをつけて塗装したりする方法もありますが、原因となっている『加水分解』はその付近の生地も同じように劣化が進んでいる可能性が高いので部分補修をしても近い将来にその付近がボロボロとめくれてくる可能性がございます。

 

フードカバーは大きく分けると、マチ生地(ファスナー両サイドの部分)×2枚と背面生地(ロゴ刺繍等が入っている一番面積の大きい部分)×1枚の3枚の生地で作られているものがほとんどです。
それらの劣化している部分を張替えます。

ただ、純正の生地は入手できない場合がほとんどなので生地サンプル帳から近い質感のものを探します。
なので無地のものやベーシックな色のものの方が比較的近い雰囲気のものを探しやすい傾向があります。

 

代替え生地の選定
 
 
 

4,概算の修理代金

 

・マチ生地(ファスナー両サイドの部分)張替え→約12,000~18,000円程度
・フード作り直し(全面張替え)→約18,000~25,000円程度

 

フードカバーマチ生地張替え

 

上の写真はトップ写真のフードカバーのマチ生地を張替えた状態です。
この時は元の黒色無地のレザーではなく本体に部分的に使われていたクロコダイルの型押しレザーで張替えをいたしました。
このように違う生地に張替えてカスタムすることも可能です。

 

画像をお送り頂けましたらもう少し詳細な価格をお答えできますのでメールもしくはライン@からお気軽にお問合わせください。

 

5,再発を軽減する方法

 

生地がボロボロになる原因『加水分解』のさらなる原因は水分と記載をいたしました。
なのでこの水分をできる限り生地に長時間付着させないことが最善の方法です。
といってもキャディバッグが入る家庭用の防湿庫があるわけでもないので、日頃出来る方法をご紹介いたします。

まずは、濡れてしまった場合はそのままにせず乾いたタオルで表面の水分を拭き取ります。
そして使用後は風通しの良い日陰で十分に乾燥させてから収納するようにします。
その後、保管する際も高温多湿の場所は避け防湿材などを一緒に置き付近の湿度があがりすぎないように管理することが重要です。

 

 

←水分自体を寄せ付けないというのもひとつの方法です。素材に適したものをご使用ください。

 

 

←クローゼットや物置の湿度も高くなりがちな梅雨の時季にも

 

 

←雨の日のラウンドに便利なレインカバー

 

 

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグやスーツケース、家具などの修理を承っています。
お気軽にご相談ください。


ライザップゴルフ

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。