(キャディバッグ)フードカバーのファスナーコイル解れを手縫いで補修

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、キャディバッグのフードカバー修理をご紹介します。
破損状況は、フードカバーのファスナーコイルを縫製している糸が解れてファスナーテープから外れそうになっています。

(キャディバッグ)フードカバーのファスナー修理

完全にコイルが破断してしまっている場合はファスナーごと交換が必要になります。
(キャディバッグ)ゴルフバッグ/フードカバーのコイルが破損したファスナーを交換修理

1,状態の確認

まずはファスナーレールのコイル解れ具合を確認します。

(キャディバッグ)フードカバーのファスナーレールの目が解けている

ファスナーを開閉する際に噛み合う歯の部分(コイル)はファスナーテープに細い糸で縫い付けられています。
この糸が6目程解れて毛羽立っているのが見えます。

現状で開閉は出来るのですがこのままですと糸が完全に切れてどんどん解れていきファスナーテープからコイルが外れていってしまい最終的にはスライダーが抜けたりコイルが切れてファスナーの開閉ができなくなってしまいます。

2,今回のお修理方法

今回はファスナーコイルの縫製糸が解れている部分を手縫いで修正していきます。
もっと軽度な場合はライターなどで炙って解れている糸を溶かして処理する場合もありますが今回はほぼ糸が切れかかっているのと少し範囲が広いので縫製します。

(キャディバッグ)フードカバーのファスナーレールの解れ修理

まずは今残っている糸の毛羽立っている部分をライターで炙ってこれ以上解れてこないように溶かして処理しておきます。
溶かした糸の塊が大きくなるとファスナーの開閉時に引っかかりの原因になりますので不要な部分はカットしてから熱処理をします。

(キャディバッグ)フードカバーのファスナーコイルを一つずつ手縫いで修正

解れ防止の熱処理が終わったら縫製していきます。
コイルを縫製している糸は引っ掛かりを少なくするため細い糸が使用されています。
強度も考慮して今回は30番の糸で縫製します。

(キャディバッグ)フードカバーのファスナーコイルに蝋引きをして糸の補強とスライダーの滑りをよくする

縫製が終わったら糸の強度アップと開閉時の摩擦を少なくしてスライダーの動きを滑らかにするため蝋引きをします。
コイル全体に蝋を引いてライターで炙り内部に浸透させます。

(キャディバッグ)フードカバーのファスナーコイルを縫製している糸の解れを修正

ほんの少し引っ掛かりが残る場合もありますがファスナー全体の交換が必要になる前に早めに対処しておくとファスナーの寿命を長めることができます。

3,今回のお修理費用と納期

今回のフードカバーファスナーコイル解れの修正で、費用が3.500円(税抜)、納期が約1週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン@からお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。