(OGIO)オジオ/キャディバッグの外れたフード側ホックを交換修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、(OGIO)オジオのキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状況は、本体とフードカバーを固定するホックのフードカバー側がはずれてしまっています。

(OGIO)オジオ/キャディバッグの修理

本体側のホック外れ修理事例は、
(TUMI)トゥミ/キャディバッグのフードと本体を繋ぐホック外れの修理

1,状態の確認

まずはホックが外れている箇所の生地の状態やその他ホックの状態を確認します。
今回外れてしまったホックは金具が弱って外れてしまったようで生地には破れや解れはみられませんでした。
残っているホックは外れている前側(ファスナーがついている方)の横ついているホックが少し緩んできていました。
ファスナー側は開閉の頻度が高いのでこちら側のお修理が多いですね。

2,今回のお修理方法

今回はフード側のホックを2箇所交換します。
修理の流れを動画にまとめておりますので、よろしければこちらもご覧ください。

まずは残っているホックの頭を取り外します。

(OGIO)オジオ/キャディバッグのフード側ホックを取り外す


この部分は再利用できない為これもセットで新しく交換します。
今回は『OGIO』のロゴが刻印されていますが汎用のホックになりますので無地になります。

(OGIO)オジオ/キャディバッグのフードホック用打ち台

新しくホックを取付ける為の打ち台を用意します。
今回はホックの頭を黒色に塗装しているので打ち込んだ衝撃で塗装がめくれないようにマスキングで保護します。

(OGIO)オジオ/キャディバッグフードのホックを汎用ホックに取替

表からホックの頭を入れて内側から凹のホックを被せます。
今回は生地の穴が拡がったり解れたりしていなかったのでそのまま取付けますが穴が拡がっている場合は、樹脂製の外径の大きいワッシャーを挟んだり生地の補強をするなどして取付ける場合もございます。
(Callaway)キャロウェイ / キャディバッグフードカバーのホック取付穴を補強してホックを取替え修理
(MIZUNO)ミズノ/キャディバッグフードカバーの穴が広がってホックが外れたところを生地補強してホック交換修理

(OGIO)オジオ/キャディバッグフードのホック交換に使用する専用打ち棒

専用の打ち具を使って叩き込んでホックの頭についている軸をカシメ込みます。
この打ち込む力加減によってホックの脱着の固さが変わったりもしますので調整しながら打ち込みます。

(OGIO)オジオ/キャディバッグの外れたフード側ホックを交換修理

これで完成です。

3,今回のお修理費用と納期

今回のフードカバーホック交換2箇所(塗装込み)で、費用が4.500円(税抜)と納期が約1週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン@からお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。