マイノリティーコレクション/キャディバッグの抜けたハンドルを修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は(Minority Collection)マイノリティーコレクションのキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状態は、ハンドルが固定していたカシメごと抜けて本体から外れてしまっています。

マイノリティーコレクション/キャディバッグの修理

こちらのバッグで先日セパレーターの仕切り布を交換させて頂いた内容は、
コチラ☞(Minority Collection)マイノリティーコレクション/キャディバッグのセパレーター生地破れを修理

1,ハンドル付近の状態を確認

マイノリティーコレクション/キャディバッグのハンドルが抜けている

ハンドルの上部が本体の固定していたところから外れています。
表のレザーはハンドルが抜けた勢いで少し破れてめくれています。レザーには穴が開いていた形跡はないので、このレザーの裏側でカシメを打って固定していたようです。

マイノリティーコレクション/キャディバッグの持ち手がカシメごと抜けている

見るとハンドル側にカシメが2本残った状態ですので恐らく本体側の穴が拡がって抜けてしまったのかと思われます。
ハンドル自体はまだ芯材も表生地もしっかりしているのでこのまま再利用ができそうです。

2,今回のお修理方法

マイノリティーコレクション/キャディバッグのセパレーターを解体

今回はハンドルの再取付をさせて頂くのですが、裏側の穴が拡がっている可能性があることと表のレザーが破れていることもありますので取り付けの際に裏側には補強板を入れて表はレザーの上からカシメを打って破れている箇所がめくれないように押さえるように固定をします。

まず作業スペースを確保する為仕切りを取り外して口枠内部を広くします。
ハンドル上部の固定箇所が見えるようにDカンのカバーも一部カシメを外して解体します。

マイノリティーコレクション/キャディバッグのハンドル取り付け部分を補強

カバーをめくるとハンドルを固定していた箇所が見えます。状態を確認したところやはり樹脂板が割れてカシメを通していた穴が拡がっていました。
表側の穴位置はそのまま生きていましたので元の穴位置で固定をします。口枠の内側に約2mm厚の樹脂板を当てて同じ位置に穴を開けます。

マイノリティーコレクション/キャディバッグの持ち手固定穴を表に貫通

表側はレザーのめくれを押えるため表まで穴を貫通させてカシメで押えます。この部分はハンドルが差し込まれるので接着をしてもハンドルの厚みで盛り上がる為レザーの破れた段差を埋めることは困難ですのでこのような方法をご提案させて頂きました。

マイノリティーコレクション/キャディバッグの持ち手外れを修理

表のレザーにもカシメが通る穴を加工します。この穴位置は元の位置に合わせているため左右が段違いになっています。
穴を拡げて調整をするとまた穴の強度が弱くなりますので今回はこのままの位置でカシメ留めをいたします。

マイノリティーコレクション/キャディバッグのハンドルカシメ再固定

ハンドルに残っていたカシメを取り除いて穴付近を綺麗に処理してレザーカバーに差し込みます。貫通した穴に合わせてハンドル位置を調整し、新しいカシメで固定をしたら完成です。

マイノリティーコレクション/キャディバッグの外れたハンドルを裏補強をして再取付

3,今回のお修理費用と納期

今回の(Minority Collection)マイノリティーコレクション/ハンドル付近補強再取付で、費用が9.500円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。