(Minority Collection)マイノリティーコレクション/キャディバッグのセパレーター生地破れを修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は(Minority Collection)マイノリティーコレクションのキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状態は、クラブを仕切るセパレーターのカバー生地が破れて芯が露出しています。

(Minority Collection)マイノリティーコレクション/キャディバッグの修理

底まで続いている中の仕切り布解れ修理事例は、
コチラ☞(BLUE TEE GOLF)ブルーティーゴルフ/キャディバッグの中仕切り底の縫製ほつれを修理

仕切りの芯棒が折れた修理事例は、
コチラ☞(PING)ピン/キャディバッグのセパレーター仕切り棒折れを修理

1,仕切り生地の状態確認

(Minority Collection)マイノリティーコレクション/キャディバッグのセパレーター生地破れ修理

まず仕切りの状態を確認していきます。
先日の(GOTCHA)ガッチャゴルフの口枠生地破れ修理でも記載しましたが、こちらも同じくカートに乗せた際に下になる部分がクラブのシャフトに擦れて破れています。

仕切りの芯棒は特に折れたり曲がったりといった破損はなさそうです。口枠の内周生地も色褪せ等はありますが破れそうなところもありません。

2,今回のお修理方法

(Minority Collection)マイノリティーコレクション/キャディバッグのセパレーターを固定しているビスを抜く

今回は口枠の内周はそのままで、セパレーターの『キの字』部分の生地を張替えさせて頂きます。
まず本体からセパレーターのみ取り外すため芯棒を固定しているビスを引き抜きます。こちらは頭が+ですがネジが切られていないビスが多くドライバーで回しても抜けなければこのように引き抜きます。

(Minority Collection)マイノリティーコレクション/キャディバッグの仕切りを本体から取り外す

芯棒を固定しているビスを抜いて、中の仕切り布を縫い付けている底板を留めているカシメを2本抜くとセパレーターと中の仕切りがセットで取り外せます。稀に上部の仕切りと中の仕切りをマジックテープで固定してあるものもありますので、その場合は底のカシメを取る必要はありません。

この内部の仕切りが元々ないバッグもあるようで、そういったバッグに中の仕切りを新たに作製して底まで仕切り布を延長することも可能です。
仕切りを底まで延長した事例は、コチラ☞(JONES×BEAMS)ジョーンズ×ビームス/キャディバッグの仕切りを底まで延長する

(Minority Collection)マイノリティーコレクション/キャディバッグのセパレーターの解体をする

取り出したセパレーターと仕切りのセットをさらに解体していきます。
この際、芯棒の長さや中仕切りの底までの長さが前後で違うタイプもありますので念のため取付方向をマークしておきます。

(Minority Collection)マイノリティーコレクション/キャディバッグの仕切り生地の破れを修理

元の仕切りから新しい生地に型取りをしますので組み立てられた工程を遡って解体していきます。
中仕切りとの縫製と外巻きテープの縫製を解いて平面の状態まで解体をします。

(Minority Collection)マイノリティーコレクション/キャディバッグの破れたセパレーター生地張替えに使用する代替え生地

今回は比較的風合いの近い生地がありましたのでこちらを使用いたします。セパレーターの生地にはこのように起毛しているものやクッション性のあるメッシュ生地が使用されていることが多いですね。

(Minority Collection)マイノリティーコレクション/キャディバッグの破れた仕切り生地を代替え生地に張替え修理

裁断した生地を組み立てて仕切りセットを作ります。
生地だけでは薄かったので元と同じようなウレタンフォームを裏に当てて作製いたしました。

(Minority Collection)マイノリティーコレクション/キャディバッグの仕切りを留めているビスを差し込む

セパレーターと中仕切りを元のようにビスと底のカシメで固定をして完成です。

(Minority Collection)マイノリティーコレクション/キャディバッグのセパレーター生地破れを修理

3,今回のお修理費用と納期

(Minority Collection)マイノリティーコレクション/キャディバッグのセパレーター生地を代替え生地に張替え修理

今回の(Minority Collection)マイノリティーコレクション/セパレーター生地張替えで、費用が14.000円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。