(クロコ型押し)キャディバッグのショルダーベルト根革を作製取替

こんにちは。大阪で修理店をしておりますボンドリペアと申します。

今回は、綺麗な赤いクロコ型押しのキャディバッグ修理をご紹介いたします。

修理内容はショルダーベルトを本体に固定する金具の根革が切れているので新しく作製して取替えをいたします。

1, 破損の状況

破損の状況は根革が加重に耐え切れず引きちぎれてしまったようになっていました。
ハンドルやショルダーベルトの付け根は一番力が集中するので破損の確立も高くなります。

(キャディバッグ)ショルダーベルト根革切れ

ハンドルの根革が切れた修理事例は、
(ラコステ)キャディバッグのハンドル根革を修理しました

ショルダーベルトの生地が破れ金具が破損した修理事例は、
(キャディバッグ)ショルダーベルト / 生地破れと金具の変形を修理

をご覧ください。

2,今回の修理方法

金具は残っていたので切れたベルトを新たに作製して取替えます。
今回の根革はショルダーベルトの下側を固定する方なので中筒の中間よりも少し下あたりを作業できる状態にする必要があります。
いつも通り口枠付近を解体して根革を固定しているカシメを切って根革を取り外します。

(キャディバッグ)ショルダーベルト根革解体

この中芯に使われているのはハンドルなどでもよく使用されていますがベルポーレンという樹脂板で年月が経過し負荷がかかるとこのように破断してしまいます。
ボンドリペアで新たに作製して取替える際は比較的引っ張り強度のあるベルトを使用いたします。

取り外したベルトも本体と同じ赤いクロコ型押しレザーが使用されていましたので雰囲気を再現するため赤色のクロコ型押しレザーを探してきました。

(キャディバッグ)ショルダーベルト根革代替えレザー

型押しレザーだけでは薄いので裏に厚みのある革を当てることにします。
今回は裏側に厚手のしっかりとしたサドルレザーを使用したのでベルトは入れません。

(キャディバッグ)ショルダーベルト根革作製

元のベルトにも両サイド縫製がされていたので同系色の糸で再現します。
縫う距離が短く、厚手の革を縫うときは個人的に手縫いの方がやりやすいです。

(ゴルフバッグ)ショルダーベルト根革縫製

縫い終わったものに金具をはめてみます。
これを元の場所に戻して固定をします。

(ゴルフバッグ)ショルダーベルト根革作製

完成です。
買ってきた革を並べてみたときに薄々感じてはいたんですが、、型押しのパターンが大きくて小さいベルトにするとクロコの柄が全然分からなくなってしましました。。

(ゴルフバッグ)ショルダーベルト根革取替修理

3,修理代金

今回のお修理内容で、12,000円(税抜き)でした。
同じお鞄でも破損の状況や使用する材料により前後いたします。

通常、ショルダーベルト根革作製取替修理の概算修理代金は下記の通りです。
●ショルダーベルト根革作製取替(1ヶ所)→約8,000~18,000円程度

画像をお送り頂けましたらもう少し詳細な価格をお答えできますのでメールもしくはライン@からお気軽にお問合わせください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやバッグ全般、家具やその他の修理、椅子の生地張替えなども承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。