(革製キャディバッグ)ゴルフバッグ / ショルダーベルトを本体に取り付ける根本の革破れとカシメはずれを修理

こんにちは。大阪でゴルフのキャディバッグやスーツケースなどのバッグ全般と家具やその他の修理をしておりますボンドリペアと申します。

今回お預かりしたのはかなり使い込まれ味のある革製キャディバッグです。

革の製品は使う方の使用方法や環境、育て方によって使用者さんの性格が反映されるモノかと思います。
個人的にはピカピカに磨き上げられた革製品もいいですが、ラフに使って傷やシワがある中でオイルを塗り込み深い色味になった革が好きです。

修理箇所はショルダーベルトを本体に繋ぐバックルがついていた根本の革部分です。

1, 破損箇所の状況と構造の確認

(レザー)キャディバッグ / ショルダーベルトを固定する根本の革破れ

状況を確認すると、ショルダーベルトを本体に繋ぐバックルを固定していた革とカシメが外れ、根本の革が破れています。

(レザー)キャディバッグ / ショルダーベルトを固定する根本の革切れ

カシメを打ち直すことで強度は特に問題なく固定できたのですが、革の破れた部分がそのままになるのは気になるということでしたので表に補強の革を当てて縫製してからカシメを固定する方法をご提案しその方法での修理に決定しました。

(レザー)キャディバッグ / ショルダーベルトを固定する根本のカシメはずれ

続いて構造の確認をします。
他の修理事例にも書いていますが、カシメは表から裏に穴を貫通させて挟み込むように打ち込んでいますので内部から作業ができるようにクラブを入れる口枠を解体する必要があります。
こちらのバッグは解体組立ともに特に問題はなさそうです。
中筒のカシメ固定部分も致命的な割れや穴の広がりはなかったので修理可能と判断しました。

ショルダーベルトを本体に固定する上部Dカンの被せ生地が切れた修理事例は、
(GODZILLA)ゴジラ / 切れてしまったキャディバッグのショルダーベルト固定用Dカン根革を新たに作製取替

ショルダーベルトを本体に固定する下の根革が切れた修理事例は、
(クロコ型押し)キャディバッグのショルダーベルト根革を作製取替

ショルダーベルト側の金具が破損した修理事例は、
(キャディバッグ)ショルダーベルト / 生地破れと金具の変形を修理

をご覧ください。

2,今回のベルト根本破れの修理方法

まずは、口枠を解体して作業スペースを確保します。
今回は仕切りのタイプが口枠と仕切りが独立しているタイプで成形タイプに比べ比較的容易に解体ができます。

折れてしまったキャディバッグの仕切り棒を修理する方法(口枠、仕切り独立タイプ)

折れてしまったキャディバッグの仕切りを修理する方法をご紹介(成形タイプ)

(レザー)キャディバッグ / ショルダーベルトを固定する根本の革破れとカシメはずれを修理

カシメを打ち込む前に破れてしまった本体側の根本を補強するための革パッチを作製します。
在庫にある革から比較的近い質感と色味の革を選んで根本の破れている部分を覆える程度のサイズに切り出して3辺を縫い付けます。
その後ベルトを差し込んでカシメで固定します。

口枠を組み立てて完成です。

3,修理代金

今回のお修理内容で、8,000円(税抜き)でした。
同じお鞄でも破損の状況や使用する材料により前後いたします。

●根革補強再取付→約6,000~14,000円程度

画像をお送り頂けましたらもう少し詳細な価格をお答えできますのでメールもしくはライン@からお気軽にお問合わせください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやバッグ全般、家具やその他の修理、椅子の生地張替えなども承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。