(SRIXON)スリクソン/キャディバッグのフードジッパー破損を修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は(SRIXON)スリクソンのキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状態は、フードカバーのジッパーが一部切れてスライダーが2個とも片側脱線してしまっています。

(SRIXON)スリクソン/キャディバッグのフード修理

1,ジッパーの状態を確認

(SRIXON)スリクソン/ヘッドカバーのジッパー切れ

まずはジッパーの状態を確認します。
フードカバーのジッパーは約70cm程度の長さがあり、そのちょうど真ん中辺りのレール部分が一部切れてしまっています。フードカバーのジッパーレールがこのような形で切れてしまうのはほとんどが下から約3分の2辺りまでに集中しています。

その理由はレールを破損させる原因にあります。以前にもご紹介しておりますが、このようにジッパーに切れたりフードの生地がカッターで切ったような傷が付くのはアイアンなどのクラブと外部からの衝撃にジッパーや生地が挟まれてしまうことが原因として考えられます。
キャディバッグフードカバーに細かい穴や傷ができる原因と修理方法

(SRIXON)スリクソン/ヘッドカバーのジッパー破損

今回のフードカバーはジッパーが切れたところからスライダーが2個とも抜けて破損していない方のジッパーレール側に残っていました。
スライダーは状態を見る限り破損してい無さそうなので純正の引手ごとこちらを再利用が可能です。

2,今回のお修理方法

(SRIXON)スリクソン/キャディバッグのフードジッパー交換

今回はジッパーレールの一部が切れてしまっていましたのでファスナー全交換にてお修理をさせて頂きます。

こちらのファスナーはコイルファスナーという種類で、ナイロン製の細いワイヤーがバネのコイル状になっておりそのレールを布テープに縫い付けて作られています。この縫い付けている糸が解れてレールが布テープから外れている場合はその部分のみを再縫製してお修理が出来る場合もございますが、レールが一部切れてしまっていると電車の線路と一緒でそこからスライダーが脱線してしまいます。

◆部分的に解れを修正した事例☞(キャディバッグ)フードカバーのファスナーコイル解れを手縫いで補修

(SRIXON)スリクソン/キャディバッグのフードジッパー破損を修理

キャディバッグも現在ではほとんどが海外で製造されており、ジッパーの規格が国内で流通しているものと若干の誤差がある場合があります。
そのような場合は元のスライダーが使用できない為こちらで入手したジッパーに合ったスライダーに交換をさせて頂きます。
その際はブランドロゴなどが刻印されている引手は再利用が可能ですので、万が一スライダー自体が破損した場合でもお修理をされる際は一緒にお送りください。

3,今回のお修理費用と納期

(SRIXON)スリクソン/ヘッドカバーのジッパー交換修理

今回の(SRIXON)スリクソン/フードカバーのジッパー交換で、費用が7.500円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用する部品などにより費用や納期は変動いたします。

全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。