(THE NORTH FACE)ノースフェイス/ローリングバッグのタイヤ割れを修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は(THE NORTH FACE)ノースフェイスのキャリーバッグ修理をご紹介します。
破損状態は、車輪のゴムタイヤが割れて剥がれてしまっています。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/ローリングバッグの修理

1,車輪の状態を確認

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/ローリングバッグのキャスター修理

まずは車輪の状態を確認します。

キャスターベース部分が破損している場合はキャスターベースごと交換が必要になります。
(Quicksilver)クイックシルバー/スノーボードバッグのキャスター破損を修理

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/ローリングバッグのゴムタイヤ割れ

向かって右側の車輪は回りのゴムタイヤ部分が割れてホイールの部分が露出しています。
ホイール部分も綺麗な円形になっているのでゴムタイヤを完全に取り除いてしまえば走行は可能ですが、外周のゴムタイヤよりもホイールの素材はプラスチックのようなもので硬いので走行音が大きくなります。
また、直径が小さくなるので自動車でいうところの車高が低くなる為バッグ本体が地面に擦れやすくなります。擦れやすい部分にはPVCなどで補強がされていますがずっと擦っているとやはり破れてしまいますので、そうなると生地の補強が必要になり車輪交換よりも高額のお修理費用になってしまいます。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/ローリングバッグのタイヤひび割れ

車輪のゴムタイヤが割れてしまう原因は、経年変化により硬化したゴムタイヤが走行時の衝撃でひび割れが生じてそのまま剥がれてきます。
自動車と同じくキャリーバッグもタイヤは消耗部品になりますので摩耗したら交換が必要になります。

向かって左側のタイヤは完全には割れて剥がれてはいませんが、所々に亀裂が生じています。
2輪タイプのキャリーバッグはどちらのタイヤも同じ頻度で回転していたはずですので近い時期に寿命が訪れます。

2,今回のお修理方法

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/ローリングバッグの内装

今回は摩耗したタイヤを車輪ごと交換させて頂きます。
自動車のタイヤと異なるのは、ホイールとタイヤはセットで作られている為タイヤのみを交換するということが出来ません。

車輪の交換にはキャスターを取り外す必要がありますので、まずはバッグの内装を開けてキャスターを固定しているカシメを外していきます。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/ローリングバッグのキャスター取り外し

各4本のカシメを外すとキャスターベースごとバッグ本体から取り外すことができます。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/ローリングバッグの車輪軸

ここから車輪のみを取り外します。
車輪の軸も中空のカシメで固定されていますのでこの開いている部分を削り取って軸を抜き取ります。
削る際は回りのキャスターベースが樹脂製ですので軸が高温になりすぎるとベース側が溶けてしまい車輪のガタツキの原因となりますので様子を見ながら慎重に削り取ります。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/ローリングバッグのキャスター解体

左右ともキャスターの解体をします。
中空カシメタイプの軸は再利用が出来ませんので破棄します。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/ローリングバッグのタイヤ直径

取り外した車輪の外径を測ります。
直径が約69.5mm。少し摩耗しているので元は70mm程度だったのかと思われます。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/ローリングバッグの車輪を代替え部品に交換

今回はこちらの代替え車輪に交換をさせて頂きます。
直径70mmのものをご用意しました。軸の径が異なる場合はベアリングも合わせて交換いたします。今回は同じ内径でしたのでこのまま利用いたします。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/ローリングバッグのタイヤハウス内のクリーニング

普段解体することのない箇所ですのでタイヤハウス内を綺麗に拭き取っておきます。
すぐ汚れますが新しい車輪を気持ちよく取り付けたいという自己満足感ですね。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/ローリングバッグの車輪取付

車輪を装着して新しい軸で固定します。
この際、タイヤハウスと車輪の幅に遊びが大きいと車輪が左右にガタつきますのでワッシャーで遊びの幅を調整します。
カシメで止める場合はこの遊びが少なすぎると締め込んだ際に回転が硬くなってしまいますので適当な幅を見極めて調整してから固定します。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/ローリングバッグのキャスター取付

組みあがったキャスターを本体に取り付けます。
こちらも新しいカシメで固定します。一度カシメを取り外すと若干ですが穴が拡がっていたり回りの樹脂板が陥没していたりするので、新しくカシメ留めをする際は大きめのワッシャーを挟んで穴付近の補強をいたします。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/ローリングバッグのタイヤ割れを修理

左右とも固定して回転の確認をして完成です。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/ローリングバッグのウィール交換修理

これで元の車高(鞄高?)になりましたのでバッグがお腹を擦るリスクも減り走行もスムーズになりました。

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/ローリングバッグのタイヤ交換

これから所有者様とどんなところを旅するのでしょうか。

3,今回のお修理費用と納期

(THE NORTH FACE)ノースフェイス/ローリングバッグのキャスター修理

今回の(THE NORTH FACE)ノースフェイス/ローリングバッグの車輪2点交換で、費用が8.000円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。