(SRIXON)スリクソン/キャディバッグの折れた仕切り棒を修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、(SRIXON)スリクソンのキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状態は、クラブを仕切るセパレーターの芯棒が折れてしまっています。

(SRIXON)スリクソン/キャディバッグの修理

今回ご紹介するのは口枠と仕切りが独立しているタイプのお修理事例です。
口枠と仕切りが一体になっている成型タイプのお修理事例は、
折れてしまったキャディバッグの仕切りを修理する方法をご紹介(成形タイプ)

1,仕切り芯棒の状態を確認

(SRIXON)スリクソン/キャディバッグの仕切り芯棒折れ

仕切りの状態を確認します。
写真の仕切り右下部分が折れて芯棒を固定しているビスが出ています。

(SRIXON)スリクソン/キャディバッグの仕切り芯棒が割れている

これまでにお修理させて頂いた仕切り棒の折れているキャディバッグもほとんどがこの部分で折れていました。
カートに乗せた時にクラブの重みで折れてしまうようです。

2,今回のお修理方法

(SRIXON)スリクソン/キャディバッグの仕切りを固定しているビスを抜く

今回は折れている仕切り芯棒を1本新たに作製して交換いたします。

まずは芯棒を固定しているビスを抜きます。
これまでもご紹介していますがこのビスは頭が+になっていますが、先ほどの写真でも見えますようにネジを切っていないのでドライバーで回しても抜けません。
クリップ外しなどを使用して引き抜きます。

(SRIXON)スリクソン/キャディバッグの折れたセパレーターを解体

左右のビスを抜いて芯棒をセパレーター生地から抜き取ります。

(SRIXON)スリクソン/キャディバッグの折れた芯棒を新たに作製交換

元の芯棒の長さを計って新しい樹脂パイプをカットします。
今回使用した樹脂棒は内径が元のものよりも小さいのでドリルで同じ径かほんの少しだけ大きくしておきます。

あまり内径が小さいとビスを打ち込む時に割れてしまったり、少しの衝撃で今回のように割れてしまいます。
大きくし過ぎるとビスの引っ掛かりが弱くなりすぐに抜けてしまうので都度適当な内径に調整をしています。

(SRIXON)スリクソン/キャディバッグの仕切り芯棒を固定しているビスを打ち込む

新しい芯棒をセパレーター生地に入れて芯棒を打ち込みます。
この時片側からだけハンマーで打ち込むと反対に力が逃げますので、反対側に木の板を当てて木槌で打ち込みます。

(SRIXON)スリクソン/キャディバッグの折れたセパレーターを修理

しっかりと固定できているか確認して完成です。

(SRIXON)スリクソン/キャディバッグの折れた仕切り棒を交換

3,今回のお修理費用と納期

今回のセパレーター芯棒作製交換1本で、費用が4.000円(税抜)、納期が約1週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。