(Titleist)タイトリスト/キャディバッグのフードチャック破損を修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は(Titleist)タイトリストのキャディバッグ修理をご紹介いたします。
破損状態は、フードカバーのチャックの一部が潰れてスライダーが外れてチャックが開いたままの状態になっています。

(Titleist)タイトリスト/キャディバッグのフード修理

1,チャックの破損状態を確認

(Titleist)タイトリスト/キャディバッグの修理

まずはチャックの破損状態から確認していきます。

(Titleist)タイトリスト/キャディバッグのフードチャック切れ

フードカバーに使用されているチャックは、ナイロン製のコイルファスナー、プラスチックの歯がついたビスロンファスナー、金属の歯がついた金属ファスナー、の3種類が一般的ですが、今回はその中でも特に多いコイルファスナーが使用されています。

コイルファスナーは布テープにコイル状になったナイロン製のレールが縫い付けられており、スライダーを動かすことでそのコイル同士が噛み合わさって閉じることが出来ます。

(Titleist)タイトリスト/キャディバッグのフードチャック破損

今回はそのコイルの一部が何かに押しつぶされたように変形して一部コイルが切れてしまっています。
白い糸は布テープにコイルを縫い付けている糸で、この糸も切れているのが分かります。

表面の摩擦によってこの糸が解れてしまい、コイル部分が布テープから外れている症状もよく見られます。
そのような場合は部分的に再縫製することでお修理が出来る可能性もございます。
部分補修の事例☞(キャディバッグ)フードカバーのファスナーコイル解れを手縫いで補修

(Titleist)タイトリスト/キャディバッグのフードスライダーの脱線

スライダーはコイルの潰れたところから脱線したようで、特に破損は見られず2個とも残っていました。
スライダーが脱線していても必ずしもチャックのレールが切れているとは限らず、スライダーが開いてレールから脱線してしまうケースもございます。
スライダーが開いている事例☞(キャディバッグ)フードカバー / ファスナーから脱線したスライダーの開きを調整して修理

事例では開いたスライダーを調整してお修理いたしましたが、状態によってはスライダーを交換する必要がある場合もございます。
そのような場合でも引手は破損していなければ既存の純正品が再利用できますので、お修理をご依頼頂けます際は外れたスライダーや引手も一緒にお送りください。
純正の引手は入手できないものが多く、無くなっている場合や破損している場合は代替え品を取り付けさせて頂きます。

2,今回のお修理方法

(Titleist)タイトリスト/キャディバッグのフードチャック交換修理

今回はチャックのコイル部分が潰れて切れていましたので部分補修は困難な状態でしたので、チャックをすべて新しいものに交換してお修理をさせて頂きました。
元々付いていたチャックと同じ配色の、黒テープに黒コイルに白糸のファスナーに交換をいたしました。

チャックの配色はメーカーやモデルによっては、別注で作られたチャックが使用されていることがあり、そのような場合は同じ配色のチャックがご用意できないため近い配色のものをご用意させて頂きます。

3,チャックが潰れた原因と再発を軽減する方法

今回チャックが破損した原因は、恐らく輸送中にアイアンなどのクラブヘッドと外部からの衝撃にチャックが挟まれるようにして叩き潰されてしまったのかと思われます。

フードカバーによく見られるカッターで切ったような傷も同じことが原因のようです。
キャディバッグフードカバーに細かい穴や傷ができる原因と修理方法

ですので少しでも再発を軽減する方法は、フードカバーが受ける衝撃を少しでも和らげることが有効になります。

クラブのヘッドをカバーするアイアンカバーなどを使用することで内側からの衝撃を和らげることが出来ます。

また運送会社さんにキャディバッグを預ける際は、トラベルカバーを付けるなどしてキャディバッグ自体の傷を防いだりする対処は必要になります。

ヤマト運輸さんなどでは輸送用のトラベルカバーが販売されていますが、薄手ですので多少の擦り傷や汚れの予防にはなりますが今回のような衝撃を和らげるような役割はあまり期待できません。
衝撃を和らげるにはある程度厚手のクッション性のあるカバーの方がよいかと思います。

4,今回のお修理費用と納期

(Titleist)タイトリスト/キャディバッグのフードカバーのチャックを取替

今回の(Titleist)タイトリスト/フードカバーのチャック交換で、費用が8.500円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。