(RIMOWA)リモワ/2輪サルサの解れた内装ベルトを交換

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、(RIMOWA)リモワのサルサ2輪タイプの修理事例をご紹介します。
破損状態は、荷物を締める為の内装クロスベルトが解れて2本なくなっています。

(RIMOWA)リモワ/2輪サルサの修理

1,状態の確認

(RIMOWA)リモワ/2輪サルサの荷物を締めるベルトが切れている

まずはご依頼頂いた内装ベルトの解れ箇所を確認します。
切れてしまった内装は欠損してしまっているようです。

(RIMOWA)リモワ/2輪サルサの内装ベルトが切れて無くなっている

蓋側の立てた状態で下にくる2箇所のベルトが根本で解れて無くなってしまっています。

(RIMOWA)リモワ/2輪サルサの内装クロスベルトの解れ

この部分はベルトがメインファスナーの縫製と一緒に本体に縫いこまれています。
荷物を締め込むとこの根本が引っ張られてよく解れてしまうようです。

2,今回のお修理方法

(RIMOWA)リモワ/2輪サルサの純正クロスベルト

今回は同じタイプの純正パーツがございましたのでこちらを取付けいたします。

(RIMOWA)リモワ/2輪サルサの内装ベルトの長さを計る

本体側の同じ下側のベルトに長さを合わせて新しいベルトをカットします。

(RIMOWA)リモワ/2輪サルサの純正内装クロスベルトを用意

2本ベルトの用意が出来たら縫製していきます。

(RIMOWA)リモワ/2輪サルサの内装ベルトを縫い付けている箇所の縫製を解く

メインファスナーの縫製をベルトが入る範囲よりも少し広めに解きます。
リモワのメインファスナーの縫製は特殊な縫い方がされていてミシンで縫うように上糸と下糸で縫われているのではなく1本の糸で編み込むようにして縫製されています。

引っ張り方を間違えるとポロポロと糸が解れていってしまうので注意が必要です。

(RIMOWA)リモワ/2輪サルサの内装荷締めベルトを取替

新しいベルトを縫製して完成です。

(RIMOWA)リモワ/2輪サルサの解れたクロスベルトを純正パーツに取替

よくリモワのスーツケースで本体が歪んでしまったとご相談頂くことがありますが、この内装ベルトを締めすぎると柔らかいスーツケースは引っ張られてすぐに歪んでしまいます。

本体が歪んでいると感じた時はベルトの締め具合を確認してみてください。

(RIMOWA)リモワ/2輪サルサの切れた内装ベルトを交換

3,今回のお修理費用と納期

今回の内装ベルト交換2本で、費用が6.000円(税抜)、納期が約1週間でした。
※同じような症状でも付近の構造や状態などにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン@からお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。