(PORTER)ポーター/バックパックの破損したファスナーを修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、(PORTER)ポーターのバックパック修理をご紹介します。
破損状態は、メイン荷室のファスナーテープが破れて穴が開いてしまっています。

(PORTER)ポーター/バックパックの修理

1,ファスナーと付近の生地の状態を確認

(PORTER)ポーター/バックパックのファスナーテープ破れ

まずは破損している箇所の確認をいたします。
こちらのバッグには金属製のエレメント(レール部分)のファスナーが使われており、そのエレメント際のファスナーテープ部分が破れてきています。
このような症状は金属製のファスナーによく見られるもので、この状態になると部分的に補修をすることは困難です。

(PORTER)ポーター/バックパックのファスナー布部分の裂け

樹脂のエレメントが使われている『ナイロンファスナー』の場合は、エレメントをテープに縫い付けている縫製糸が解れてエレメントがテープから外れてしまう症状が多く見られます。
ナイロンファスナーのエレメント解れを部分的に補修した修理事例は、
コチラ☞(キャディバッグ)フードカバーのファスナーコイル解れを手縫いで補修

ファスナーも種類により一長一短があり、どれが完璧、どれが特に強度が強い、ということはありません。

(PORTER)ポーター/バックパックのファスナー破損修理

念のため付近の本体生地の状態も確認をします。
今回の原因はファスナーのエレメントとスライダーの摩擦によるものでバッグ本体側には特に影響を与えるような原因ではありませんので本体側の生地には特に解れや破れはございませんでした。

2,今回のお修理方法

(PORTER)ポーター/バックパックのファスナー横の布破れを交換修理

今回はメインファスナー全体を交換させて頂きます。
先ほども記載しましたがファスナーテープが破れてしまった場合、部分的に補修をすることは出来ません。

(PORTER)ポーター/バックパックの破れたファスナーを交換修理

こちらのバッグに使用されているナイロン生地は、TUMIに使用されている『バリスティックナイロン』と似たような生地で摩擦などに対する強度は比較的高い生地なのですが、裁断した切り口は生地が解れやすく今回のようにファスナー交換などの際に縫製を解くと解いたところからどんどん生地が解れてしまう場合があります。
解れ具合によって、ゴムのりで生地の解れを止める方法や、切り口付近に補強のテープなどを当てて縫製をしてからファスナーを縫い付けるなどの処置をする場合もございます。

(PORTER)ポーター/バックパックのメイン荷室ファスナー交換

3,今回のお修理費用と納期

(PORTER)ポーター/リュックの修理

今回の(PORTER)ポーター/バックパックのメインファスナー交換で、費用が13.000円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。