(TUMI)トゥミ/ガーメントバッグのゴムタイヤが割れた車輪を修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、(TUMI)トゥミのT-TECHというシリーズのガーメントキャリーバッグ修理をご紹介します。
破損状態は、キャスターのゴムタイヤが割れてぽろぽろと取れてきています。

(TUMI)トゥミ/ガーメントバッグの修理

TUMIのキャリーバッグで最も多いご相談の伸縮ハンドルが動かなくなったお修理の事例は、
コチラ☞(TUMI)トゥミ / キャリーバッグの引き出せなくなったスライドハンドル内部を加工して修理

1,キャスターの状態を確認

(TUMI)トゥミ/ガーメントバッグの車輪外周のゴムタイヤ割れ

まずは車輪を含めたキャスターの状態を確認します。
キャスター付きのスーツケースやキャリーバッグでよく見られる症状で、車輪の外側にあるゴムタイヤ部分が割れて剥がれてきています。
これらのゴムタイヤは車や自転車などと同じように走行しているうちに摩耗していくので消耗品になります。
ただスーツケースなどのタイヤは車輪と一体になっており、決まった規格サイズなどがあるわけではないのでメーカーに車輪の在庫が無かったり、パーツ自体が廃盤になっていれば基本的にはメーカーでのお修理は断られてしまうようです。

しかしタイヤが破損しても他の箇所は破損していない場合がほとんどですので、そのためにバッグごと買い替えるのはもったいない気もします。
特にTUMIなどのバッグが高価なものはもったいないですね。

2,今回のお修理方法

(TUMI)トゥミ/ガーメントバッグの内装をめくる

というわけで、今回は車輪を汎用品の代替えパーツに交換をさせて頂きます。
ここが直ればまだまだご使用できるバッグです。またガーメントキャリーバッグは珍しいので買い替えるにもなかなか使い慣れたバッグに相当するものは見つからないようです。

まず車輪を取り外す為にファスナー式の内装を開いてキャスターの固定部分を探します。

(TUMI)トゥミ/ガーメントバッグの内装を開いてキャスターのビスを抜く

たいていはバッグの内側からビスもしくはカシメなどでキャスターが固定されていますのでそれらをすべて抜きます。
ビスの長さや種類などが異なる場合がありますのでその場合は写真に撮っておくか修理中は分けて保管しておきます。

(TUMI)トゥミ/ガーメントバッグのキャスターを本体から取り外す

今回はビスだけで固定されていましたのでビスを抜くとキャスターごと本体から取り外すことができます。
さてここからキャスターと車輪を解体するのですが一体型のようにきれいに収まっています。外側から車輪の軸頭が見えません。
これも自動車と同じようにホイールキャップでカバーされている場合がありますのでカバーを取り外します。

(TUMI)トゥミ/ガーメントバッグのホイールカバーを外す

ホイールキャップはたいてい裏側で爪が引っ掛かっているタイプが多いのでまず裏側から見てみます。
するとグレーの山形の部分が見えました。これを千枚通しなどで横にスライドして押してやるとキャップが少し浮きます。

(TUMI)トゥミ/ガーメントバッグのホイールキャップを外す

あとはマイナスドライバーなどで引っ張り上げるとキャップの爪を折ることなく外せます。
この車輪は再利用できるわけではないのでキャップが割れてしまってもいいのですが、この方法のが楽にきれいに取れることが多いので基本的にはこのような方法で解体をしていきます。

最終的に廃棄するものでも無意識に働く『TUMIのパーツを壊してしまった、、、』という精神的な負担を避けているのかもしれませんね。

(TUMI)トゥミ/ガーメントバッグの車輪を固定しているボルト

ホイールキャップを外すとようやく車輪の軸を固定している方法が分かります。
この軸の固定の仕方もメーカーやモデルのよってバラバラなので開けてみるまで分かりません。
今回は頭の穴が六角になっていて裏にナットがあったのでボルトナットで挟み込んで固定しているようです。たまに頭が六角なのに回しても取れないことがあり、よく見るとカシメで頭の六角穴はデザインという不思議なものもありました。

(TUMI)トゥミ/ガーメントバッグのキャスター裏のボルト

そしてもう1点気をつけなければいけないことがあります。それはキャスターの回転方向によって逆ネジが使われている場合があるということ。
ネジを回しても硬くて一向に回る気配がない場合は、反対に回すと回るということがあります。これは2輪タイプのキャスターの場合走行時の回転方向が決まっているのでその方向に回った時に軸が緩んで抜けてしまわないように向きによって逆ネジが使われている場合があります。
六角穴を潰してしまうと後が大変なので力任せにせず、押してダメなら引いてみるということを忘れないようにします。

(TUMI)トゥミ/ガーメントバッグのキャスターから車輪のみ取り外す

今回はネジ穴を壊すことなく無事に外れました。この時にキャスターのタイヤハウス内部を拭き取っておきます。
ここは車輪を付けてしまうと拭くことが出来ないのでせっかく車輪を外したなら綺麗にしておきたいところですね。すぐ汚れますが、気持ちよく新しい車輪を付けたいではないですか。

(TUMI)トゥミ/ガーメントバッグのタイヤ交換に使用する代替えパーツ

今回ご用意させて頂いたのはこちらの車輪。直径と幅が近いサイズのものを用意しました。
直径はあまり大きくても小さくてもバッグの高さが変わってしまい差が大きすぎるとバッグを立てた時に傾きバランスが悪くなります。
幅は広いとキャスターに収まりませんし、狭すぎると隙間ができすぎてガタツキの原因にもなります。
こちらも元の状態ですとベアリングが外側に突き出していたので取り付け箇所の寸法と見た目のデザイン上でっぱりの無いベアリングに交換をしています。

(TUMI)トゥミ/ガーメントバッグの車輪のみ代替えパーツに交換

いきなりですがキャスターに車輪が付きました。いろいろと試行錯誤しながら組み立てていたので写真を撮り忘れてしまいました。
元の軸は今回の車輪の構造ですと長さが足りず裏のナットで固定が出来ませんでしたので軸も新しいものに交換をいたしました。
先ほどお話していました逆ネジの軸はこちらの長さのものではありませんでしたのでナットを固定する際に緩み留めという接着剤のようなものを入れてから締め込んでいますので振動では緩み難くなっており、基本的には車輪のベアリングが回転するので軸に回転の力が掛かることはほぼありません。

(TUMI)トゥミ/ガーメントバッグのゴムタイヤが割れた車輪を交換修理

出来上がったキャスターを本体に組み付けたら完成です。

3,今回のお修理費用と納期

(TUMI)トゥミ/ガーメントバッグのコマのみ代替えパーツに交換修理

今回の(TUMI)トゥミ/車輪のみ交換2箇所で、費用が9.000円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。