(BELDING)ベルディング/キャディバッグのクラブを仕切る布を追加

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は(BELDING)ベルディングのキャディバッグカスタムをご紹介いたします。
加工内容は、キャディバッグの中でクラブを仕切る布を2枚追加いたします。

(BELDING)ベルディング/キャディバッグの加工

1,現状の仕切りを確認

(BELDING)ベルディング/キャディバッグの内部にクラブを仕切る布が無い

元の状態はクラブを入れる口枠の仕切りは『キ』の字にセパレーターが入っていますが、キャディバッグ内部のところはなにも仕切りが無い状態です。

古いモデルのキャディバッグによく見られる構造ですが、この状態でゴルフカートに乗せるとクラブのグリップ同士が引っ掛かってクラブの出し入れがし難くなります。
元々収納本数が少ないセルフスタンドバッグやクラブケースには中の仕切りが無いものが多いのですが、新しいモデルのキャディバッグでも稀に中仕切りが無いものもあるようで以前『jones』『BEAMS』のコラボキャディバッグにも中仕切りを新しく作製して取り付けをさせて頂いたことがございます。
(JONES×BEAMS)ジョーンズ×ビームス/キャディバッグの仕切りを底まで延長する

また一般的なキャディバッグも中仕切りが横方向には入っているのですが、縦方向には仕切り布が入っていないものが多く見られます。
元々カートを入れた際やスタンドでバッグを立てている際に重力でクラブが片方に集中してクラブ同士が引っ掛かってしまうことを防ぐ目的の中仕切りですので、横方向には無くても影響は少ないためかと思われます。

ただ人によっては縦方向にも仕切りがほしいという方もいらっしゃいますので、バッグの構造にもよりますが縦方向に中仕切りを追加させて頂くことも可能です。
(BEAMS GOLF)ビームスゴルフ/キャディバッグのセパレーター中央に中仕切りを一枚追加

2,今回の加工方法

(BELDING)ベルディング/キャディバッグのセパレーターを取り外す

今回はセパレーターの横方向2本に新しく底まで続く中仕切り布を作製して取り付けさせて頂きます。

まずはセパレーターを留めているベルトを抜いて横方向のセパレーター2枚を取り外します。
奥に口枠が外れた状態になっていますが、今回別の箇所のお修理があった為に解体しています。通常は仕切り布の作製取付のみの場合は口枠は解体致しません。

(BELDING)ベルディング/キャディバッグのセパレーターの縫製を解く

外したセパレーターの下側の縫製を解きます。ここに仕切り布を挟み込んで再縫製いたします。

(BELDING)ベルディング/キャディバッグの中仕切りに使用するナイロン生地

セパレーターの幅に合うようにナイロン生地を使用して中仕切り布を作製します。
両サイドに貼っている白いものは両面テープです。生地は裁断した断面から繊維が解れてきますので両サイドを折り返して縫製し解れを防止します。

(BELDING)ベルディング/キャディバッグのセパレーターと中の仕切り布

両サイドを縫製した中仕切り布をセパレーターに挟み込みます。

(BELDING)ベルディング/キャディバッグのセパレーターに中仕切りを縫い付ける

元の縫製穴を辿って縫っていきますので今回は手縫いでしっかりと編み込むようにして縫っていきます。

(BELDING)ベルディング/キャディバッグのセパレーターと新しく作製した中仕切りセット

2枚とも縫えましたらセパレーターと中仕切りのセットが完成です。

(BELDING)ベルディング/キャディバッグの裏側

続いて中仕切りを底に固定する為の加工をしていきます。
一般的なキャディバッグの中仕切りは樹脂板に中仕切りを縫い付けてその樹脂板をキャディバッグの底にカシメなどで固定をします。
今回も同じ方法で固定を予定していますので樹脂板の寸法を取るため底の形状を確認します。底にメーカーの文字がデザインされていますのでカシメを留める位置はそのデザインに掛からないように決めておきます。

(BELDING)ベルディング/キャディバッグの中仕切りを固定する為の樹脂板

底の寸法から樹脂板を切り出します。今回はキャディバッグの中筒にも使用されている約2mm厚の樹脂板を使用いたします。

(BELDING)ベルディング/キャディバッグの中仕切りを固定する底板の作製

中仕切りを縫い付ける位置とカシメの穴を加工して、キャディバッグ底の円形に収まるように角を落としておきます。

(BELDING)ベルディング/キャディバッグの中仕切り布と底板を縫い付ける

事前にセパレーターの下端から底までの長さを計っていましたので、その長さに合わせて中仕切りを底板に接着して縫い付けます。

(BELDING)ベルディング/キャディバッグの中仕切りを底板に縫製

2枚とも同じように底板に縫製が出来ましたら、あとはこちらを本体に組み付けて完成です。

(BELDING)ベルディング/キャディバッグの中仕切りを新たに作製

3,今回の加工費用と納期

(BELDING)ベルディング/キャディバッグのクラブを仕切る布を追加

今回の(BELDING)ベルディング/中仕切り布作製取付(2枚分)で、費用が18.000円(税抜)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用する部品などにより費用や納期は変動いたします。

全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。