(BLUE TEE GOLF)ブルーティーゴルフ/キャディバッグの中仕切り底の縫製ほつれを修理

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、(BLUE TEE GOLF)ブルーティーゴルフのキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状態は、セパレーターから底まで続いている中の仕切りを底に縫製している糸がほつれてクラブのグリップに絡まってしまいます。

(BLUE TEE GOLF)ブルーティーゴルフ/キャディバッグの修理

1,仕切り布の状態を確認

(BLUE TEE GOLF)ブルーティーゴルフ/キャディバッグの中仕切り布の縫製ほつれ

まずは仕切り布の状態を確認します。今回のような底のほつれの原因は、縫製糸が解れて生地が底から外れてしまっている場合と生地自体が解れて底から外れてしまっている場合、あとはごく稀に生地を縫い付けている板がミシン目で割れて外れてしまっている場合もございます。

今回のものは中を覗いてみると縫製糸が解れているのが分かります。

生地が解れている場合の修理事例は、
(ZIPANG STUDIO)琉球ゴルフ/キャディバッグの中仕切りがクラブに絡まる修理事例

仕切り布を縫製している板が割れた修理事例は、
(JGA)日本ゴルフ協会/キャディバッグの中仕切りの布を底に固定している板割れを修理

2,今回のお修理方法

(BLUE TEE GOLF)ブルーティーゴルフ/キャディバッグの仕切りを縫製している底板のカシメ

今回は底の縫製ほつれを再縫製してお修理をいたします。
まず仕切り布を縫製している板ごと外しますのでキャディバッグ底にあります2本のカシメを外します。たまにマジックテープで底に固定されているものもありますので事前に中を覗いてカシメが見えていることを確認しておきます。

(BLUE TEE GOLF)ブルーティーゴルフ/キャディバッグの間仕切り布の底解れ

カシメを抜くと板ごと口枠上部から引っ張り出します。
ここで詳細な状態を確認します。よく見ると生地も元のミシン目部分で生地が解れかかっています。
今回は生地の長さに少し余裕がありましたので元の縫製ラインよりも少し上部にずらして生地が2重になるよう折り重ねてから再縫製をいたします。

(BLUE TEE GOLF)ブルーティーゴルフ/キャディバッグの中仕切り縫製ほつれの再縫製

元の穴を辿って縫製をしますので手縫いで縫い付けていきます。
少し太めの5番の糸を使用しています。

(BLUE TEE GOLF)ブルーティーゴルフ/キャディバッグの内側の仕切り布ほつれを再縫製

縫製できましたらバッグの中に戻して元のようにカシメで固定します。

(BLUE TEE GOLF)ブルーティーゴルフ/キャディバッグのセパレーター生地剥がれ

セパレーターの生地が一部めくれていましたのでここも接着をしておきます。

(BLUE TEE GOLF)ブルーティーゴルフ/キャディバッグの中仕切り底ほつれを修理

これで完成です。

3,今回のお修理費用と納期

今回の(BLUE TEE GOLF)ブルーティーゴルフ/中仕切りの底再縫製のお修理で、費用が5.500円(税抜き)、納期が約2週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や使用するパーツなどにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。