(clunk)クランク/セルフスタンドバッグの仕切りを加工して区画を統一

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますボンドリペアと申します。

今回は、(clunk)クランクのセルフスタンドバッグ加工をご紹介します。
加工内容は、セパレーターの仕切り板を取り除いて一区画に統合します。

(clunk)クランク/セルフスタンドバッグの修理

カートタイプのキャディバッグで仕切りを取り除き、セルフスタンドバッグが入るように加工させて頂いた事例は、
(le coq)ルコック/キャディバッグの中にセルフスタンドバッグをバッグインバッグする改造
(ONOFF)オノフ/キャディバッグの中にセルフスタンドバッグが入るように仕切りを加工

1,仕切りの構造を確認

(clunk)クランク/セルフスタンドバッグのセパレーター加工

セルフスタンドバッグの仕切りはほとんどが口枠と一体になっている成型タイプで完全に繋がっています。
今回のスタンドバッグも同様に一体型になっています。

2,今回の加工方法

(clunk)クランク/セルフスタンドバッグの仕切り板を切除する

今回は、一体型になっている口枠と仕切りを切断して仕切り板を取り除きます。
突起が残らないように可能な限り口枠の際で切断します。

(clunk)クランク/セルフスタンドバッグの仕切りを切断した後の研磨

切り口はバリが出ているのでルーターで角を落として表面を滑らかにします。

(clunk)クランク/セルフスタンドバッグのセパレーターを切り取って一区画にする

少しづつ目の細かいルーター刃に変えて手で触って引っ掛かりが感じられなくなるまで削ります。

(clunk)クランク/セルフスタンドバッグのセパレーターを切断

反対側も同じように研磨して完成です。

(clunk)クランク/セルフスタンドバッグの仕切りを取り除く

3,今回の加工費用と納期

今回の仕切り切除加工で、費用が4.000円(税抜)、納期が約1週間でした。
※同じような症状でも付近の状態や構造などにより費用や納期は変動いたします。

バッグ全体と破損部分の画像をお送り頂けましたらお修理可否の可能性と概算のお見積をお答えできますので お問合せフォームもしくはライン公式アカウントからお気軽にご相談ください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。