(GODZILLA)ゴジラ / 切れてしまったキャディバッグのショルダーベルト固定用Dカン根革を新たに作製取替

こんにちは。大阪でゴルフのキャディバッグやスーツケースなどのバッグ全般と家具やその他の修理をしておりますボンドリペアと申します。

今回のご依頼は海外版ゴジラ(godzilla)をモデルにしたゴルフのキャディバッグです。
ゴジラが実際どんな質感かは分かりませんが、肌の感じを再現したような素材で作られていてかなり目立ちます。

破損箇所はショルダーベルトを本体に繋ぐD型の金具を固定している根革部分です。

1, (ゴジラ)キャディバッグの破損状況

見た目にも重そうなゴジラのキャディバッグですが、もちろん他の同サイズ程度のキャディバッグと比べて特別重いということはありません。
キャディバッグはクラブを全部入れた状態ですとかなりの重量になり、ハンドルやショルダーベルトの繋ぎ目はその重さを支えるため破損のリスクは高くなります。

(godzilla)ゴジラ / キャディバッグショルダーベルトを固定するDカン根革切れ

ショルダーベルトを本体に固定する下の根革が切れた修理事例は、
(クロコ型押し)キャディバッグのショルダーベルト根革を作製取替

ショルダーベルト側の金具が破損した修理事例は、
(キャディバッグ)ショルダーベルト / 生地破れと金具の変形を修理

をご覧ください。

2,ショルダーベルト固定用のDカン根革修理方法

ハンドルやショルダーベルトの根革が破損する時は重量に耐え切れず破損することが多いので、たいていは完全に切れています。
今回もDカンの根革は切れ、芯材も割れていました。

(godzilla)ゴジラ / キャディバッグショルダーベルトを固定するDカン根革破損修理

今回は、根革と芯材をすべて新しく作製して取替えます。
お客様と打ち合わせの際に新しく作る際のPVCは黒色の無地でいいということでしたのでシボも少なめの黒色PVCを使用しました。
芯材は元々入っているベルポーレンは割れやすいので引張強度の比較的強いベルトを使用します。

(godzilla)ゴジラ / キャディバッグショルダーベルトを固定するDカン根革を代替えPVCで作製して取替

修理工程は、まず口枠付近を解体してDカン根革を取り外します。
取り外した根革から型を起こして新しいPVCを切り出していきます。芯材とPCV、ベルトなどを縫製して根革は完成です。
それを元の位置に固定して口枠を組み立てて完成です。

3,修理代金

今回のお修理内容で、14,000円(税抜き)でした。
同じお鞄でも破損の状況や使用する材料により前後いたします。

ショルダーベルトを固定するDカンの根革概算修理代金は下記の通りです。
●Dカン根革作製取替→約8,000~16,000円程度

画像をお送り頂けましたらもう少し詳細な価格をお答えできますのでメールもしくはライン@からお気軽にお問合わせください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやバッグ全般、家具やその他の修理、椅子の生地張替えなども承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。