(Hickory golf )ヒッコリーゴルフ / 仕切りのないクラブケースに仕切りを追加する

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますBOND repair / ボンドリペアと申します。

今回は、Hickory golfというオールドスタイルのゴルフで使用するクラブケースのカスタムをご紹介いたします。
カスタム内容はクラブを入れる口枠に仕切りを追加して2分割にします。

1,構造確認をしてお見積

(Hickory golf )ヒッコリーゴルフ / 仕切りのないクラブケース

まずは仕切りを追加する方法を検討するため口枠付近の構造を確認していきます。

今回のクラブケースは口枠に鉄製の輪っか状の芯が入っており、その回りを革で巻いて縫製してあります。

追加する仕切りは口枠の入り口部分のみで、底まで繋がっている生地の仕切りは必要ないということでした。

2,仕切りの追加方法

基本的な仕切りの構造は一般的なキャディバッグで独立タイプの仕切りを参考にします。

仕切りの種類は下記のブログでご紹介しております。
折れてしまったキャディバッグの仕切り棒を修理する方法(口枠、仕切り独立タイプ)
折れてしまったキャディバッグの仕切りを修理する方法をご紹介(成形タイプ)

(Hickory golf )ヒッコリーゴルフ / 仕切りのないクラブケースに仕切りをつける穴を加工する

仕切りを取り付ける場所に芯を通す穴を加工します。

(Hickory golf )ヒッコリーゴルフ / 仕切りのないクラブケースにつける仕切りを作製

今回は口枠のレザーに合わせて芯棒の樹脂パイプにレザーを巻いて縫い込みます。

(Hickory golf )ヒッコリーゴルフ / 仕切りのないクラブケースにつける仕切りに革を巻く

手縫いで編み込むようにして縫製していきます。
今回使用したのは約1.3mm厚の牛革に0番手の糸で縫製をしました。

(Hickory golf )ヒッコリーゴルフ / クラブケースの革巻きの仕切りを作製

余分な部分をカットしてコバ(切り口)を磨きます。
芯棒を固定するのは専用の返しがついたピンを使用します。

(Hickory golf )ヒッコリーゴルフ / クラブケースに仕切りを追加

ピンをは頭が+になっているものが多いですがネジを切っていないため、ハンマーで叩き込みます。

(Hickory golf )ヒッコリーゴルフ / クラブケースに仕切りを作製して追加

完成した状態。
革の色と質感が近いので違和感なく追加することができました。

(Hickory golf )ヒッコリーゴルフ / 仕切りのないクラブケースに仕切りを作製して追加

3,今回のカスタム価格

今回の仕切り追加カスタムで、8,000円(税抜き)でした。
※似たようなお鞄でも細部の構造などにより価格は納期は変動いたします。

画像をお送り頂けましたら概算のお見積をご返信させて頂きますのでお気軽にお問合せフォームもしくはライン@からお問合せください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。
今回のようなカスタムも承っておりますのでご不明点などございましたらご相談ください。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。