(TaylorMade)テーラーメイド / キャディバッグの仕切りを固定するピン穴の拡がりを補強して再取付

こんにちは。大阪でスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っておりますBOND repair / ボンドリペアと申します。

今回は、(TaylorMade)テーラーメイドのキャディバッグ修理をご紹介します。
破損状態はキャディバッグのクラブを仕切るセパレーターの芯棒を固定する穴が拡がってピンごと抜けてしまっています。

(taylormade)テーラーメイド / キャディバッグの仕切りを固定するピンを通す穴が拡がっている

1,ピンが抜けた原因と構造の確認

まずはピンごと抜けてしまった原因を確認します。

(taylormade)テーラーメイド / キャディバッグのセパレーターの芯棒抜け

表からは見た目の破損はありませんでしたが、裏返してみると取付穴付近が割れて拡がってしまっています。
この部分は薄い樹脂板が使われていることが多く、経年変化で硬化して割れやすくなります。

キャディバッグのハンドルにも同じような芯材が使われていることが多く、ハンドルが切れてしまうのはこれと同じ理由で芯材ごと破断してハンドルが切れてしまっている状態をよく見かけます。
(J.LINDEBERG)キャディバッグのハンドルベルトを交換しました

2,今回のお修理方法

先ほど記載したように穴が拡がった原因は樹脂板の劣化から生じた割れによるものですが、この部分はハンドルやショルダーベルトなど負荷が直接かかるところではない為、樹脂板を全体取替える必要はないと判断いたしました。

ですので穴の広がっている部分に補強を当てて再取付をする方法でご提案させて頂きました。

(taylormade)テーラーメイド / キャディバッグの仕切りを固定するピン抜け

修理方法を考える際は、ご使用状況やご予算、今後のご使用予定年数など様々な条件を考慮して最善と思われる方法をご提案させて頂きます。

今回の補強では同じ樹脂板は使用せず、耐久年数などを考慮して厚手のしっかりとした牛革を使用することにしました。

(taylormade)テーラーメイド / キャディバッグの仕切り芯棒の取付穴を補強

補強の面積があまり小さいと樹脂板の穴が拡がった際に補強ごと抜けたしまう恐れがありますので大きめの面積で作製します。

3,今回のお修理代金

今回のお修理内容で、2,500円(税抜き)でした。
※同じような症状でもお鞄の構造や状態により納期や価格は変動いたします。

画像をお送り頂けましたら概算のお見積をご返信させて頂きますのでお気軽にお問合せフォームもしくはライン@からお問合せください。

ボンドリペアではゴルフのキャディバッグをはじめ、スーツケースやキャリーケースなどのバッグ全般や家具、その他様々なモノの修理を承っております。

スーツケースやキャディバッグ修理/ボンドリペア

投稿者プロフィール

info@bond-repair.com
info@bond-repair.com
BOND repair / ボンドリペアのホームページにお越しくださりありがとうございます。
私共はスーツケースやゴルフのキャディバッグなどのバッグ全般と家具の補修と椅子の生地張替え、その他様々なモノのお修理を承っております。
お困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。